【現地発】識者が語る「監督ジダン」の凄み。采配100試合で7タイトルはなぜ可能に?

カテゴリ:メガクラブ

エル・パイス紙

2017年10月19日

「私の心は今もこれからも真っ白のままだ」

10月14日のヘタフェ戦でマドリーのトップチーム采配100試合を達成したジダン。その間に計7個のタイトルを獲得している。(C)Getty Images

画像を見る

 ジネディーヌ・ジダンがレアル・マドリーに加入したのは2001年夏。ユベントスから当時の史上最高額だった7350万ユーロ(現レートで約95億5000万円)で移籍してきた。以来、フロレンティーノ・ペレス会長が立ち上げたガラクティコ・プロジェクトの目玉としてチームを牽引。入団1年目のグラスゴーでのチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝では、レバークーゼン相手に伝説的なボレーシュートを叩き込み、クラブを通算9度目の欧州制覇に導いた。
 
 そして一昨シーズンと昨シーズンは、監督としてCL史上初の連覇を達成。カルロ・アンチェロッティ政権時代にアシスタントコーチとして制覇した分(13-14シーズン)も含めれば、通算4度もビッグイヤーを獲得した計算になる。
 
 そんな輝かしいキャリアを歩み続けているジダンは、10月14日のヘタフェ戦でトップチーム指揮官として通算100試合の節目に到達した。本人はその喜びをこう語っていた。
 
「初心を忘れることはないが、就任した当時に比べて監督としての経験が増した。キャリアアップしているという実感はあるよ。私の心は今もこれからも真っ白(=マドリーのチームカラー)のままだ。毎日監督としてワクワクした毎日を過ごしている」
 
 このヘタフェ戦を2-1でモノにし、100試合の内訳は75勝17分け8敗とまさに驚異的な成績。その間にCLとUEFAスーパーカップを二度ずつ、リーガ・エスパニョーラ、クラブワールドカップ、スペイン・スーパーカップを一度ずつと、計7つのタイトルを獲得している。
 
 そんなジダンを絶賛するのが、選手と監督としてクラブの成長に大きく寄与し、現在は会長付アドバイザーを務めるアマンシオ・アマロだ。
 
「ジダンが果たしている貢献度の高さは、レジェンドと評価されるOBたちに匹敵するものだ。数字を見れば、それは明らかだ。ジダンの成功は、彼を監督に抜擢したフロレンティーノの大きな功績でもある」
 
 忘れてはならないのが、ジダンがトップチーム監督に就任した2015年1月、マドリーには強烈な逆風が吹き荒れていたことだ。アンチェロッティ政権時代2年目の14-15シーズンが無冠に終わったため、クラブは15年夏にラファエル・ベニテスへの指揮官交代を決断した。
 
 しかし、開幕から4か月を経てもチームは低迷を続けるばかり。それに伴い、無風だったペレス会長の周辺にも辛辣な批判の声が飛び交い始めていた。そんな混迷の中、ベニテスの後釜に抜擢されたのが、当時はマドリーBを率いていたジダンだった。
 
【関連記事】
【現地発】ベイルは終わってしまうのか? W杯を逃し、マドリーでも立場が…
【現地発】「メッシの本質」は自然体にあり。愛息子の言葉が何よりの源だ
メルテンス妻が超大胆発言!「ベッドではエキセントリック」「列車のトイレで…」
CL最年少出場で「決勝点をプレゼント」…ベンフィカ守護神がそれでも大物感を漂わせる
CLで超快足スイス人FWが大暴れ! R・マドリーも熱視線を送る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ