【セルジオ越後】お祭り騒ぎの“ハリルジャパン・コンサート”。でも強化という点では…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2017年09月26日

現時点では前回大会の準備と比べてもお粗末だよ。

10月シリーズはニュージーランド、ハイチと対戦する日本。強化試合としては疑問符のつく相手だ。写真:徳原隆元

画像を見る

 苦しみながらも無事に予選を突破したハリルジャパンは、来年のロシア・ワールドカップに向けて、いよいよ本格的に始動するね。10月6日には豊田でニュージーランド代表と、4日後の同10日には横浜でハイチ代表との対戦が予定されている。


 貴重なテストマッチの場となるけど、相手のレベルを考えれば、本大会を見据えた強化試合と捉えていいのか疑問だよ。もっとも、日本がプレーオフに回る可能性もあったわけで、だからこそ慌ただしくマッチメイクしたんだろうけど、それにしても強化という点では多くを期待できそうもないね。日本はコンフェデレーションズカップにも出ていないだけに、現時点では前回大会の準備と比べてもお粗末だよ。

 サッカーが文化として根付いている国であれば、ニュージーランドやハイチを悪く言うつもりはないけど、このレベルの国が相手ならお客さんはあまり入らない。でも、日本では、豊田でも横浜でもスタジアムはいつものように満員になるんだろうね。興行としては大成功だけど、代表の将来を考えれば、いかがなものか。
 
 スタジアムを埋めるファンやサポーターの声援は、力強く選手の背中を押してくれるとは思うけど、みんなただ日本代表という“アイドル”を見たいだけなんじゃないのかな。代表戦ともなれば、いつもお祭り騒ぎだ。ハリルジャパン・コンサートだよ。
 
 仮に今回の10月シリーズであまりチケットが売れなかったとしたら、協会も危機感を覚えて、もっと強い国を呼ぶようになるかもしれない。予算の問題はあるかもしれないけど、そのほうがよっぽど日本代表のためになると思うのは僕だけだろうか。

 ハイチやニュージーランドとの戦いに何を見出せばいいのか。新戦力のテスト? このレベルの相手に活躍したからといって何の意味があるのか。ニューカマーがゴールでも決めれば、“世代交代”とか“ニューヒーロー”と大騒ぎするかもしれないけど、ワールドカップで倒さなければいけない相手はもっと強いんだ。勘違いしてもらっては困るよ。

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち♥
【関連記事】
「希望の星だ!」「恐れを知らない仕掛け」 強豪ポルト戦で輝いた中島翔哉を地元紙が絶賛
いつかW杯で優勝するために…久保建英が示した「エースの矜持と決意」
【日本代表/10月シリーズの焦点】「強国」ではないニュージーランド、ハイチと戦う意義は?
【日本代表】「選手の見極めをしたい」とハリル監督。名称変更された東アジアカップは熾烈なサバイバルの場へ!
日本代表リストに登録。浦和の高木俊幸が満を持して「年内」選出も

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ