静岡学園の10番、渡井理己はなぜヴォルティスを進路に選んだのか?

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2017年09月05日

「中盤の4枚で崩すという意図がすごくある」

圧倒的な技巧を誇る、10番らしい10番だ。来季、渡井は徳島の地でプロキャリアをスタートさせる。写真:石倉愛子

画像を見る

 静岡学園の伝統のナンバー10を背負ったMF渡井理己が、進路に選んだのはJ2の徳島ヴォルティスだった。
 
「雰囲気もそうだし、やっているスタイルが自分に合っているなと思って決めました。J2のチームはまず蹴って、前でスピードを活かすサッカーが多いと思うんです。でも徳島は繋ぎの部分にこだわっている。中盤の4枚で崩すという意図がすごくあって、そこに自分が入ることができれば、持ち味を活かしたり、楽しんでプレーできるんじゃないかと思います」
 
 技巧派集団の静学において、ナンバー10は特別な意味を持つ。技術レベルが一番なのはもちろん、相手との駆け引きも一番上手く、試合を動かす力を持っていなければいけない。
 
 これまで谷澤達也(現・FC町田ゼルビア)、狩野健太、大島僚太(ともに現・川崎フロンターレ)らが引き継いできただけに、渡井自身もその重みを理解している。
 
「こだわりは持っていないといけないし、特徴を一番出さないといけない番号。だからこそ、結果も出さないといけない」
 
 そのひとつの結果が、プロ入りだった。
 
「チームの中で自分が一番ボールを奪われない選手にならないといけないと思っています。いかに自分がチャンスを作って、かつゴールを決めるか。この年代で結果を出さないといけない」
 
【関連記事】
プロスカウト注目の天才肌、渡井理己「静学の10番は輝かないといけない」
U-18日本代表、中村駿太のモンテディオ入団が決定!「本当に青森に来て良かった」
ヴィッセル入団内定の怪物、郷家友太に影響を与えた「ふたりの10番」
U-19日本代表SB、杉山弾斗のジェフ入団が決定!「フランスまで来てくれて熱意を感じた」
落第寸前だった本田功輝はいかにして「ジェフ内定」を掴んだのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ