U-19日本代表SB、杉山弾斗のジェフ入団が決定!「フランスまで来てくれて熱意を感じた」

カテゴリ:高校・ユース・その他

川端暁彦

2017年07月18日

「大学か、プロか。しばらくずっと悩んでいました」。

破壊的な左足と、卓越した戦術眼を誇る杉山。攻撃的にも守備的にも振る舞える左サイドのスペシャリストだ。写真:田中研治

画像を見る

 今季高校サッカー界ナンバー1の左サイドバック、市立船橋高校の杉山弾斗のプロ行きが決まった。西日本を含めた複数のJ1クラブが関心を示していた逸材だが、射止めたのはJ2のジェフ千葉。クラブ側の熱意と誠意が実を結んだ恰好だ。
 
「大学か、プロか。しばらくずっと悩んでいました」
 
 杉山は決断に至るまでの過程を、そうシンプルに振り返る。
 
 両親からは進学を強く薦められていたという。日本高校選抜やU-19日本代表で一緒になった選手にも“取材”を敢行。プロ入りと大学進学を選んだ選手にそれぞれ話を聞いた。「大学行くのもいいぞ」と勧めてくれる選手がいた一方で、杉山にとって大きかったのは「プロに行った選手たちで、それを否定する選手がいなかったこと」。高校の先輩であるFW永藤歩(モンテディオ山形)やDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)にも電話で相談に乗ってもらい、あらためて自分の進路を吟味。やがて「自分の中で80%くらいは決まっていたことだった」というひとつの結論に至る。
 
 あらためて両親からは進学を強く薦められたが、自分の意思を伝えてこれを説得。千葉入りを決断した。
 
 では、なぜ千葉だったのか。やはり「ずっと見てくれていた」というのが大きかったようだ。「去年から彼のことを評価してくれていた」と朝岡隆蔵監督が言うように、早い段階から獲得の熱意を示していたのがひとつの要素だった。夏のインターハイまで待てば、より大きなクラブから正式オファーが届く可能性があったが、そんな“にわか”ではなく、「フランス(トゥーロン国際大会)にまで来てくれて、熱意を感じた」(杉山)という千葉を選択したのだ。


 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ