【日本代表】サウジ戦の注目点は"ゲームコントロール"。尻つぼみになる課題を克服できれば…

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2017年09月05日

後半に運動量が落ちて尻つぼみになる試合を何度も見てきた。

スタミナの消耗が激しいサウジの地で日本代表はどんな戦いを見せるのか。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦。あの日を思い出す。8月31日は、驚くほど涼しい1日だった。午前中に降っていた雨があがり、埼玉スタジアムの気温は20度ほど。夏場のサッカーとしては、これ以上を望めない、ベストな環境だった。
 
 日本とオーストラリアの両チームが受けた恩恵。とはいえ、体力を消耗しやすいハイプレス戦術を採った日本にとっては、まさに天の恵みだった。味方の猛烈なプレッシングを、最終ラインから見守ったDF昌子源は次のように語っている。
 
「僕らの運動量を考えれば、後半に少し落ちるのではないかと不安はありました。でも、その不安を一蹴してくれる前の選手の働きに感謝するしかないです。(運動量が上がったのは天気もあった?)まあ、それも。すごく涼しくて、多少の蒸し暑さはありましたけど、汗の量的にも普段のJリーグよりは少なかったです。両チームにとって良いことではあるけど、天気も味方してくれたと思います」
 
 ハリルホジッチ監督は、コンディション重視の選考で知られる。特にオーストラリア戦で起用された乾貴士、浅野拓磨、井手口陽介、山口蛍は、すばらしいハードワークを見せた。最後まで体力が持つのか心配したが、涼しい気候の恩恵もあり、ダイナミックに走り切った。82分に井手口が2点目を奪うまで、前後半にわたってオーストラリアにハイプレスを浴びせたことは大きい。
 
 ここが肝だ。オーストラリア戦に限らず、昨年11月のサウジアラビア戦、3月アウェーのUAE戦も同様だが、ハリルジャパンは走り切れる環境で戦えば強い。その一方、フィジカルのパフォーマンスが望めない環境では、相対的に弱くなる。
 
 たとえば今年6月のアウェー、イラク戦(1-1)は37度の猛暑だった。後半になると、選手が次々と動けなくなり、見るのも辛いほどの散々な試合になった。ボールを持つこと=ポゼッションが安定せず、守備もマンツーマンで振り回されるため、“ゲームコントロール”が弱い。コンディション重視だけに、それを望めない環境では、後半に運動量が落ちて尻つぼみになる。そんな試合を何度も見てきた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ