【なでしこの現状に迫る!|熊谷紗希×岩政大樹#4】東京五輪まで引退は考えない!2023年のW杯が日本に決まれば…

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2017年09月16日

女子選手の引退後は? リヨンの男子選手との交流は?

目標とする東京五輪で、あの歓喜をまた味わえるか。(C)Getty Images

画像を見る

岩政大樹 熊谷選手はヨーロッパのスタンダードや世界で戦うための術を知っていますが、なでしこジャパンの若手は知りません。他の選手にとっては良い”気づき”になるでしょうね。
 
熊谷紗希 1対1の練習をしていても、「ここで足が出てくる感覚はない」とか言われます。それは自分だからできることなので、積極的に自分のプレーを出しています。
 
岩政 ちょうど熊谷選手からも出ましたが、私も今後のキャリアで「自分だからできること」をしたいと思っているんです。熊谷選手は、引退後の自分を考えることはありますか?
 
熊谷 最近、周りの人にめちゃくちゃ聞かれます。それで判然と考えるようになりました。フランスに4年いるし、ドイツにも2年いたので、ある程度は言葉を喋れます。それを活かした資格を取るのもいいかなと。あとはコーチのライセンスも取りたいですね。
 
岩政 ヨーロッパにずっと残りたいですか?
 
熊谷 いや、微妙です。もし、ヨーロッパでやるなら育成ですね。日本人の私が教えたらどうなるのか興味はあります。日本人は本当に巧い。それは育成年代での練習が影響しているんだろうな、とリヨンの育成の練習を見ていて思いました。
 
岩政 ヨーロッパの女子サッカー選手は、引退後はどうしているんですか?
 
熊谷 家庭に入る人が多いかもしれません。最近だと、男子のサッカー選手と結婚して、移籍先についていった人がいました。あとは、育成のスタッフをしたり、レポーターをしたりですね。
 
岩政 リヨンの男子選手と交流はありますか?
 
熊谷 リヨンは男子と女子が一緒の施設を使っています。食堂で会ったりしますけど、挨拶しかしないですね。でも、チームメイトはフランス人同士で仲が良い選手もいますよ。
 
岩政 練習場も同じ場所ですか?
 
熊谷 横で練習してます。それくらい近いですけど、あんまり喋らないかな。
 
岩政 話は変わりますが、2020年の東京オリンピックは、ひとつの集大成になりますね。
 
熊谷 そうですね。リヨンとその年まで契約していますし、東京オリンピックまでは本気でやりたいと思っています。その後は、いろんな国にサッカーで行ってみたいとも思っていますが、2023年のワールドカップの開催国が日本に決まれば、また考えようかと。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ