【なでしこの現状に迫る!|熊谷紗希×岩政大樹#2】女子が男子に勝つ方法とは?W杯優勝は嬉しかったが個人的には…

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2017年09月14日

小学校の頃は男子に勝てたが、中学になると…。

ワールドカップには2大会連続で出場した。(C)Getty Images

画像を見る

岩政大樹 熊谷選手は、小さな頃から自分で考える習慣はありましたか?
 
熊谷紗希 めちゃくちゃありました。小学校の頃は男子にも勝てたんですが、中学になると「この前まで私のほうが速かったのに」とか「高かったのに」という経験ばかりで……。そのなかで、自分がどうやって生きていくかを必死で考えました。
 例えば、1位抜けのランニングをする時も、始めは力をセーブするんです。チームメイトの男子たちは1本目から全力疾走するので、そのうち全員落ちます。私はそこからが勝負。絶対にチームで5番目に足が速いわけじゃないのに、その方法で5番目くらいには抜けていました。
 16歳で初めて代表に呼んでもらった時も、周りとの力の差に打ちのめされて、そこで何が違うのかを考えましたね。
 
岩政 自分がどうしたら勝てるかを考えていたんですね? 改めて、熊谷選手は、なぜ日本代表まで来られたと思います。
 
熊谷 ひとつは、今言った中学校の部活の経験です。自分が男子に勝つために試行錯誤していたら、女子チームでプレーする時にすごく余裕が出ました。私は、そういう成功体験が多かったように思います。
 あとは高校ですね。宮城県の常盤木学園に行き、そこでの仲間や先生との出会いが今につながっています。
 
岩政 悔しい経験をした時は、反骨心を燃やすタイプですか?
 
熊谷 そうですね。私は高校の先生に褒められたことが、おそらくありません。怒られることが多くて、いつも「見返してやる」と思っていました。だから、間違いなく言われて伸びるタイプ。褒められては伸びません(笑)。
 
岩政 兄弟はいますか?
 
熊谷 兄がいます。4つ上です。
 
岩政 兄に対する対抗心もあったのでは?
 
熊谷 最初はありました。4歳も違うのでまったく敵いませんでしたが、高校を卒業する頃には絶対に負けなくなりましたよ。
 
岩政 私は高校進学の際に、山口県内の一番強い高校に誘われたんですが、親元を離れることになるので断りました。そもそもプロサッカー選手になるつもりがなかったんです。でも、熊谷選手は常盤木学園に越境入学した。そのパワーはどこから来たんですか?
【関連記事】
【なでしこの現状に迫る!|熊谷紗希×岩政大樹#1】欧州と日本の環境の差は?リヨンは「プライベートジェットで移動する時も」
FIFA発表のW杯予選スタッツで吉田麻也が、あの部門で世界1位に!
リーズ地元紙から新事実! 井手口陽介を獲得すべく、イタリア人オーナーが来日していた!?
約2万人が沸いた!小野伸二と中村俊輔が「共演」した10分間の価値
本田圭佑に辛辣批評!「先発起用は失敗だ」「存在が希薄」「ファンも罵声を浴びせた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ