【番記者通信】帰ってきた“異端児”フラミニの無骨な魅力|アーセナル

カテゴリ:メガクラブ

ジェレミー・ウィルソン

2014年04月04日

チームに安定感をもたらした5年ぶりの古巣復帰

中盤の底で守備に奮闘し、リーダシップも兼ね備えたフラミニの復帰はアーセナルにとって価値ある補強となった。 (C) Getty Images

画像を見る

 3月29日のマンチェスター・シティとの大一番。1点を追いかける苦しい展開のなか、起死回生の同点弾を叩き込んだのは、今シーズンからアーセナルに復帰したマテュー・フラミニだった。53分に生まれたゴールは、チェルシー戦(0-6の完敗)、スウォンジー戦(2-2のドロー)と続いた悪い流れを断ち切るきっかけにもなりそうだ。

 フラミニは、2004年にマルセイユからアーセナルに入団。4シーズンに渡ってプレーした後、「クラブを去るのは簡単な決断でなかった。これからもアーセナルのサポーターであり続ける」との名言を残し、08年5月にミランへ移籍した。昨シーズン限りでミランとの契約が切れると、獲得に動いていたアーセナルへの再加入を決断する。5年ぶりの古巣復帰である。

 フラミニ加入効果はてきめんだった。中盤の底で献身的に守備を支え、チームに安定感をもたらす。身体を張った守備と溢れんばかりの闘争心は、アーセナルに欠けていた要素だった。仲間を鼓舞するリーダーシップも兼ね備えたフラミニが加わり、ブレない柱が一本出来上がった。アーセン・ヴェンゲル監督も、フリートランスファーで獲得したフラミニを、「移籍金2000万ポンド(約34億円)以上の価値がある」と絶賛する。

 アーセナルでは、伝統的に主将が試合で着用するユニホームを長袖か半袖にするかを決め、全員がそれに従う。どうしても半袖でプレーしたかった30歳のMFは、「長袖」の決定に反し、ユニホームの袖をハサミで切って強行出場してヴェンゲル監督を激怒させたことがあった。

 指揮官の指摘を受け、フラミニは猛省。以来、同じ過ちは犯していないが、こうした無骨さこそが彼の魅力である。「洗練されたサッカー」と称賛されるアーセナルの“異端児”。そう表現していいだろう。

【記者】
Jeremy WILSON|Daily Telegraph
ジェレミー・ウィルソン/デイリー・テレグラフ
英高級紙『デイリー・テレグラフ』でロンドン地域を担当し、アーセナルに精通。チェルシーとイングランド代表も追いかけるやり手で、『サンデー・タイムズ』紙や『ガーディアン』紙にも寄稿する。

【翻訳】
田嶋康輔
【関連記事】
【番記者通信】1000試合目に大敗。ヴェンゲルのほろ苦くも偉大なる達成|アーセナル
【番記者通信】躍進を下支え。補完性抜群のCBコンビ|アーセナル
【番記者通信】正念場の3月、気になるあの人の去就|アーセナル
【番記者通信】低調なエジルにも同情の余地|アーセナル
【番記者通信】トロフィーの数ではない功績|アーセナル

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ