【番記者通信】トロフィーの数ではない功績|アーセナル

カテゴリ:メガクラブ

ジェレミー・ウィルソン

2014年02月25日

「失敗のスペシャリスト」と誰が呼べるか。

首位争いを演じる今シーズンのアーセナル。ヴェンゲルは8年間無冠に終止符を打てるか。 (C) Getty Images

画像を見る

 この数週間、アーセン・ヴェンゲル監督とチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が舌戦を繰り広げている。モウリーニョから発せられる言葉はどれも刺激的で、記者である私も大いに楽しませてもらっているが、今回ばかりは度が過ぎたように思う。

 発端は、モウリーニョのこのコメントだった。マンチェスター・シティに今シーズンのホーム初黒星をつけた直後のことだ。
「我々はタイトルレースに加わってはいない。優勝を狙えるのはアーセナルとマンチェスター・シティ。チェルシーは、まだ仔馬だ」

 これにヴェンゲルが反応した。
「みずから優勝の可能性を否定するのは、失敗を恐れている監督だ」

 売られた喧嘩は買うのがモウリーニョの流儀だ。
「私が失敗を恐れているとしたら、それは失敗した経験がないからだ。8年間無冠のような失敗はね。ヴェンゲルは、失敗のスペシャリストだ」
 と、痛烈にやり返したのである。

 優勝争いを優位に進めるために、モウリーニョはあえて刺激的なフレーズを選んだのだろう。相手にプレッシャーをかけるこうしたやり方は、このポルトガル人の常套手段だ。とはいえ、「失敗のスペシャリスト」には、さすがに我々記者も凍りついた。まったく必要のない、敬意に欠けるコメントだ。

「モウリーニョ監督がこんなことを言っていますが……」
 後日、ヴェンゲルに質問をぶつけると、その表情がサッと強張ったのが非常に印象的だった。

 持論を言わせてもらえば、トロフィーの数だけがヴェンゲルを評価する物差しではない。たしかに、2005年のFAカップ優勝を最後にタイトルから遠ざかっている。だが、チャンピオンズ・リーグの出場権(リーグ4位以内)はただの一度も逃していない。それもこの16年間だ。しかも、健全経営というクラブの理念に沿いながらである。ビジネスの世界なら、超優良企業のCEOとして、ヴェンゲルは称賛の嵐に包まれているはずだ。

 監督業から身を引いているであろう20年後。はたして、このフランス人を「失敗のスペシャリスト」と呼べる者はいるだろうか。

【記者】
Jeremy WILSON|Daily Telegraph
ジェレミー・ウィルソン/デイリー・テレグラフ
英高級紙『デイリー・テレグラフ』でロンドン地域を担当し、アーセナルに精通。チェルシーとイングランド代表も追いかけるやり手で、『サンデー・タイムズ』紙や『ガーディアン』紙にも寄稿する。

【翻訳】
田嶋康輔
【関連記事】
【番記者通信】モウリーニョが仕掛けた”口撃”の真意|チェルシー
【番記者通信】ミラクルの再現を密かに|リバプール
【番記者通信】エースが残留するメリット|マンチェスター・U
【番記者通信】静寂が表わすチームの現状|マンチェスター・C

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ