KLMトリオ活用にシステム変更…堀新体制となった浦和は何が変わった?

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2017年08月21日

FC東京戦では華麗なパスワークからゴールを奪う。

連勝を飾った堀新体制の浦和。ここから巻き返せるか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ23節]浦和2-1FC東京/8月19日/埼玉
 
 堀孝史新監督の下で再スタートを切った浦和は、前節の甲府戦に続き、FC東京戦でも勝点3をもぎ取り、連勝を飾った。この一戦で魅せたのがKLMトリオこと、興梠慎三、李忠成、武藤雄樹の3人だ。
 
 まずは17分、李がワンツーで駒井善成の突破をサポートすると、駒井のクロスを武藤が落とし、興梠が右足でネットを揺らした。
 
 また、30分には柏木陽介の縦パスを李が左足で武藤につなぎ、武藤のパスを受けた興梠が再びフィニッシュ。すべてのパスをワンタッチでつなぐ、美しいゴールだった。
 
 これでキャリアハイのゴール数(15ゴール)を更新した興梠は語る。
 
「最近は中央でのコンビネーションがなかなか出せない試合が続いたので、そろそろフリックとか入れていこうかという話はしていた。この3人で最も長くやっていて、分かり合えているので、チャレンジしようと確認し合っていた。失敗しても今は守備が凄く頑張ってくれているので、そこも頼りにしている」
 
 興梠と同様に李、武藤も3人の連係の良さを強調する。
 
「武藤と慎三と一緒に出場すれば、ああいうコンビネーションができると分かっていた。進化していく浦和でも今回のような連係は生かしたい」(李)
 
「3人の距離感が良ければああいうゴールが生まれる。3人のイメージがあったからだと思います」(武藤)
 
 チームに停滞感が漂うなか、久々に華麗なパスワークでゴールを奪えたのは大きな収穫だろう。さらに堀監督は、1点をリードして迎えた終盤には、興梠と武藤を下げて、ラファエル・シルバと矢島慎也を投入し、システムを5-3-2へ変更。「(スピードがある)ラファがいたので」(武藤)と、守備を固め、カウンターでの攻撃へシフトする明確な逃げ切り策を提示した。
【関連記事】
【浦和】Jデビューを飾ったマウリシオ。去就に揺れる中島へは異例のアドバイス!?
【J1採点&寸評】浦和 2-1 FC東京|圧巻2ゴールの興梠がMOM! 逆にFC東京攻撃陣は…
【FC東京】中島翔哉、噂されるポルティモネンセ移籍についての質問に“らしい回答”
興梠慎三がキャリアハイの15点目をマーク! 浦和がFC東京との1時間遅れの雨中対決を制す
シャペコエンセの主将と元得点王が絶賛した浦和の選手とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ