【蹴球日本を考える】6万大観衆のなかで際立った昌子源の余裕と鹿島の老獪さ

カテゴリ:連載・コラム

熊崎敬

2017年05月05日

闘牛士さながらに武藤を振り回すセンターバックのプレーにサポーターは大歓声。

敵地・埼玉スタジアムで浦和を無失点に抑えた鹿島。その守備を統率する昌子のプレーは周囲に安心感を与える余裕がある。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 埼スタが6万近い大観衆で埋め尽くされた首位攻防戦、もっとも印象に残ったのは鹿島センターバック昌子源のプレーだった。
 
 鹿島は24分、金崎夢生が先制点を決めたが、序盤から浦和に押し込まれていた。その中で30分、昌子が素晴らしいプレーを見せる。
 左サイドから攻め込んできた関根貴大からボールを奪うと直後、間髪入れず奪い返しにきた武藤雄樹を翻弄。2度のキックフェイントを織り交ぜ、闘牛士さながらに武藤を振り回したのだ。このプレーに、背後の鹿島サポーターから大歓声が沸き上がった。
 
 アウェーの大観衆の中で、こういうプレーができるのは余裕がある証。
 精神的なゆとりをプレーで見せることで仲間に落ち着きをもたらし、敵の勢いを殺す効果がある。このプレーがあったから、とは言わないが、このあたりから鹿島は浦和のリズムを壊し、巧みに流れを引き寄せていった。
 
 それにしても昌子は目を見張る成長を遂げている。
 1対1で負けることはほとんどなく、奪い返したあとの判断にも間違いがない。浮いたボールをヘッドで跳ね返すだけではなく、胸でトラップして持ち上がり、前線につなぐことも多い。闘莉王にも当てはまることだが、周りが見えていて、足もとのテクニックに自信がなければできないことだ。
 
 実際に昌子がボールを奪い取ると、ピンチが収まり、試合が確実に落ちついてくる。ひとつのプレーで空気を変えてしまうセンターバック、これは貴重だ。
 
 昌子についてはここまで。次に鹿島の勝因を考えたい。
 
 鹿島は、浦和の強みであるコンビネーションを分断することに成功した。
 レオ・シルバや小笠原満男が中央の興梠慎三を抑え込んで試合から消し、左サイドでは西大伍が守備的にプレーすることで関根のドリブルにふたをした。
 浦和は中でも外でも自在に連係が使えるが、鹿島は興梠と関根というキーマンを潰すことで、浦和の攻撃力を半減させることに成功したのだ。
 
 浦和から華麗なつなぎが消え、試合は乱戦模様になった。ここで浮かび上がったのが、鹿島一人ひとりのしたたかさである。
 球際の強さ、ファウルをもらう狡猾さ、コーナー付近での時間稼ぎからのレフェリーへの異議申し立て……。まるで老獪なプロレスラーを見るかのようだ。
 
【関連記事】
生々しい下着姿で…ユーベDFの美人妻のセクシーショット投稿が話題に
【浦和×鹿島│乱闘寸前】森脇の小笠原への「口、臭いぞ!」発言が騒動の発端?
【J1採点&寸評】浦和×鹿島|金崎の勝負強さが光る。しかしMOMはいぶし銀の…
まさかの「試合中に逮捕」…ブラジルのサッカー選手がギャング事件絡みで御用
「サッカーオタクやな」と慕われる指揮官。大学サッカー西の雄・阪南とはいかなるチームか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ