まさかの「試合中に逮捕」…ブラジルのサッカー選手がギャング事件絡みで御用

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年05月05日

誘拐と強盗の容疑をかけられたFWの逮捕に所属クラブも協力。

いまだ警察とギャングの争いが絶えないと言われるブラジル。その一端にプロサッカー選手が絡むのは残念でならない。 (C) Getty Images

画像を見る

 サッカー大国ブラジルから驚きのニュースが入ってきた。なんと試合途中にプロサッカー選手が逮捕されるという事態が発生したのだ。ブラジル・メディア『グローボ』を始めとする各国メディアが伝えた。
 
 仰天の逮捕劇が発生したのは、現地時間5月3日にポルトアレグレで行なわれたリオグランデ・ド・スル州リーグ2部のサプカイエンシ対ファホウピーリャ戦の最中だった。
 
 キックオフから15分後経ったところで、サプカイエンシのベンチに座っていたマルロン・ナタナエウを地元市民警察が拘束。あっという間に手錠をかけて会場から連れ出したのである。
 
 ポルトアレグレ市民警察で第2警察局長を務めているセサル・カリオン氏によれば、21歳のFWであるナタナエウには誘拐と強盗の容疑がかけられたうえ、地元ギャングの一員だという疑惑も持ち上がるなど、3つの逮捕状が出ていたという。
 
 カリオン氏は、「犯行グループはショッピングセンターで誘拐した女性のクレジットカードを利用していた」と明かし、「逮捕は静かに執り行なうことができた。グラブと事件に関係性はない。クラブの取締役も協力してくれたからね」と取り押さえた時の状況を赤裸々に告白した。
 
「サッカー選手が犯罪に関与していることが残念でならない。しっかりと給料をもらっていて、明るい未来もあっただろうに」とコメントを残したカリオン氏だが、グローボによれば、逮捕されたナタナエウは、「自分はサッカー選手であり、全て否認する」と容疑を否定しているという。
 
 ナタナエウが本当に犯罪に関与したのか? それとも警察の誤認逮捕だったのか? この事件の真相が明るみになるのはもうしばらく時間を要すだろう。しかし、いずれにしても、試合中に逮捕されてしまったナタナエウにとってこの一件は、キャリアの汚点になるに違いない。
【関連記事】
【ミラン番記者】本田圭佑の「スポンサー絡みの出場」は誇大妄想だ。そもそも今の彼にはその価値が…
愛人を殺害したブラジル人GK、2部クラブと契約も刑務所へ再収監
【コラム】トッティは引退を迫られた?「伝説」がゆえに「重し」に…
生々しい下着姿で…ユーベDFの美人妻のセクシーショット投稿が話題に
「ポジティブに考えている」柴崎がリーガ公式で現況とスペインのレベルを語る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ