【横浜】「感謝の気持ちを込めて」。中村俊輔と両手で握手した遠藤渓太が飛躍を誓う理由

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年04月11日

「俊さんが相手だったから、この試合には絶対に出たかった」

磐田戦で鋭い仕掛けを見せた遠藤。「点を取って、チームに良い雰囲気を持ち込みたい」とさらなる活躍を誓う。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

試合後、中村(10番)と握手をする際、遠藤(左から4番目)は深々と頭を下げて、両手で大先輩の手を握りしめた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ6節]横浜2-1磐田/4月8日/日産ス

 ひとりだけ、対応が違っていた。それが実に印象的だった。
 
 試合後のピッチ上での挨拶。磐田の選手たちが、横浜の選手たちと握手をするために移動してくる。それを迎えるなか、遠藤渓太だけは、相手の背番号10に対して、深々と頭を下げながら、両手を差し出していた。
 
「感謝の気持ちを込めて」と、遠藤は中村俊輔の手を握った。
 
「いろんなことを教わりました。去年の最初のほうは、自分は試合に出れていて、その時も、俊さんはピッチ内外でよく話しかけてくれて、だいぶ気持ちが楽になれたんです。練習が終わった後の自主トレにもたまに誘われたりして、それでチームに溶け込みやすかったし、やりやすかった。
 
 シュート練習を一緒にやっても、『お前、絶対にそっち打つよな』とか『そうすると思った』とか、全部見透かされていて……。本当に、教わったことは多いですね。俊さんが相手だったから、この試合には絶対に出たかった。ベンチから見ていても、やっぱり上手いなって思っていました」
 
 ホームでの磐田との一戦で、遠藤は負傷交代したマルティノスに代わり、83分に途中出場を果たす。限られたプレータイムのなか、背番号18は少なくとも二度、果敢なドリブル突破でスタンドを湧かせてみせる。
 
「自分に求められているのは、前への推進力だと思うし。ああいう時間帯でインターセプトして、前に行って時間を稼げたら、チームとしても楽になる。(相手が)バックパスすれば、全部自分がスプリントして、何度でも追い回すつもりでいました」
 
 この試合には、U-20日本代表の内山篤監督が視察に来ていたという。今年5月に開幕するU-20ワールドカップへの出場を目指す遠藤にとっては、チームメイトの負傷というアクシデントがあったとはいえ、自らの存在を示すチャンスでもあった。
 
「自分のチームで試合に出ないと、アピールにもなにもならない」
 
 世界の舞台はひとつの目標として、まずは横浜でどれだけ結果を残せるかが重要になる。「試合に出たら、100パーセントやるだけ。それを代表活動につなげたい」と遠藤本人は話す一方で、自身の成長が、クラブの飛躍につながるとも考えている。
 
「自分みたいな若い選手がゴールを決められたら、たぶん、もっともっとF・マリノスは良くなっていくと思う。点を取って、チームに良い雰囲気を持ち込みたい」

【横浜 2-1 磐田 PHOTO】横浜の新10番・齋藤の2アシストで磐田を撃破!
【関連記事】
【横浜】中村俊輔との“再会”について語る中澤佑二。「あのきれいな放物線が見られないのは寂しい」
【横浜×磐田|激闘の舞台裏】足が攣って倒れ込む喜田に、中村俊輔はどんな言葉をかけたのか?
【横浜×磐田】俊輔の"10番"とユニホーム交換に成功したのは「あの男」
【U-19優勝の舞台裏】やっと素直に自分と向き合えた決勝戦。遠藤渓太はなぜ「雑念」を振り払い、流れを変えられたのか
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!
美女揃い!Jクラブ応援番組のMC&レポーターを一挙紹介

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ