【詳報】なぜ新天地に青森山田を選んだのか。中村駿太が、その想いのすべてを語る

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2017年03月24日

郷家との2シャドーですぐさま輝きを。

ディナモ・ザグレブU-18との一戦で後半から登場した中村。2シャドーの一角を担い、攻撃を活性化させた。写真:安藤隆人

画像を見る

 3月23日、ガバナーカップの開幕戦が、中村駿太の青森山田における“正式”デビュー戦となった。相手はクロアチアの名門、ディナモ・ザグレブのU-18チームだ。
【PHOTO】 日本高校選抜vsU-18 Jリーグ選抜を彩った好タレントたち
 
 ベンチスタートの中村は、1−0リードの状況で迎えた51分(40分ハーフ)にピッチへ。U-18日本代表のMF郷家友太と2シャドーを組んだ。その郷家とともに高い位置でボールを積極的に受け、タメを作っては、左サイドのMF壇崎竜孔や、1トップから右MFにポジションを移したバスケス・バイロンにいい状態でボールを供給。攻撃にリズムを生み、素早いサイドアタックを促進した。
 
 守備面でも長いスプリントでプレスバックを仕掛けたり、果敢にフォアチェックに繰り出すなど、終始チーム全体の状況に気を配りながら、献身的にかつ積極的に動き続けた。ゴールこそ奪えなかったが、東欧の強豪を相手に1−0の勝利に貢献。デビュー戦としては上出来と言える内容で、30分間のプレーを終えた。
 
 試合後、充実の表情を浮かべながら、この試合に至るまでの心境を語ってくれた。
 
「ずっと高校サッカーへの憧れはあったんです。柏U-15からU-18に上がるときも、『高校サッカーに行きたい』と言ったんです。そのときは決断を下せませんでしたが、ずっと心の中で『高校サッカーに行きたい』という想いがありました。柏には小学校の時からずっと育ててもらって、恩しかないのですが、どうしても心の中にその想いが燻っていて……。気が付いたらもう高3を迎えるし、ここで決断をしなきゃいけないなと思ったんです」
 
 柏U-12時代には、全日本少年サッカー大会でチームを優勝に導き、自身も31年ぶりに歴代最多得点を塗り替える、23得点を叩き出した。今と変わらない風貌から「和製ロナウド」と称され、一躍注目を浴びた。その後も、柏U-15、柏U-18で着実に成長し、柏U-18では1年時から出番を掴むと、昨年は2年生エースとしてゴールを量産。プレミアリーグEASTで得点ランク3位の8得点を叩き出した。
 
 今年も当然のように柏U-18のエースとして君臨するはずだった。しかし──。長年続いた葛藤の末に、彼の心の中に不退転の決断が生まれるのだ。
 
「僕はずっとレイソルで育ってきて、外の環境をほとんど知らない。高校サッカーに行きたいと思ったのも、選手権に出場したいという想いから、徐々に『今とまったく違う、より厳しい環境に身を置いて、サッカー的にも人間的にももっと成長したい』という想いがどんどん強くなっていったんです。レイソルという環境は素晴らしい環境だったのですが、もっと精神的に強くなるためには、このままではダメだと、強い危機感を覚えるようになったんです」
【関連記事】
【高校サッカー】中村駿太の加入で青森山田はどう変わる? 早くもポジティブな化学変化が
電撃加入した細貝萌の会見全文「卒業文集に『柏レイソルに入る』と書いた」
【速報】柏U-18のエースが青森山田高へ転入! 日の丸を背負うFWの一大決心に迫る
U-19日本代表の救世主に!? 柏レイソルU-18の至宝、中村駿太の心意気
高校選抜はなぜJ選抜を圧倒できたのか?知られざる舞台裏の“変革”に迫る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ