DFながら「二桁ゴール」のS・ラモス、もはやバロンドール受賞も夢ではない⁉

カテゴリ:メガクラブ

工藤拓

2017年03月18日

優勝争いにおける決定打となるゴールも。

ベティス戦で得意のヘディングを決め、年間二桁ゴールを達成したS・ラモス。FWさながらの決定力だ。(C)Getty Images

画像を見る

 セルヒオ・ラモスがまた決めた。
 
 3月12日、ベティス戦(リーガ・エスパニョーラ27節)の81分。S・ラモスはトニ・クロースがゴール前に送った右CKのボールを頭で押し込み、2−1とする勝ち越しゴールを奪う。これが決勝点となり、レアル・マドリーは同日にデポルティボに敗れたバルセロナから首位の座を奪回することに成功した。
 
 5日前のナポリ戦(チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ)でも、セットプレーから2発を叩き込んだS・ラモスは(2点目はドリース・メルテンスのオウンゴールが公式記録に)、これでとうとう今シーズンの公式戦得点数を二桁の大台に乗せた。
 
 これまでの自己最多だった13-14シーズンと14-15シーズンの7ゴールを超える10得点。しかもそのほとんどは、同点もしくはリードされている状況で決めた重要なものばかりなのだから、大したものだ。
 
 ベティス戦のそれが7ゴール目となる今シーズンのリーガでは、3節のオサスナ戦で決めた1発を除く6得点が計5試合の勝敗を左右してきた。中でも14節のエル・クラシコで決めた90分の同点弾、翌週の15節デポルティボ戦で決めた92分の逆転ゴールは、優勝争いにおける決定打となりえるものだ。
 
 ここまでチームに勝点8をもたらしてきたS・ラモスのゴールがなければ、現時点でマドリーは首位バルサと勝点6差、2位セビージャとは同3差の3位に付けていた計算になる。4位アトレティコ・マドリーとの差もわずか2ポイントであり、優勝争いどころか3位の座すら危ぶまれていたことになるのだ。
 
 改めて言うまでもなく、これまでS・ラモスが決めてきたゴールのほとんどはセットプレーから生まれている。その意味では、今シーズンここまでCKから8アシスト、FKから3アシストを記録しているクロースの重要性も浮かび上がってくる。
 
『マルカ』紙の統計によれば、今シーズンのマドリーがここまで戦った全公式戦43試合で決めたチーム総得点122のうち、PKや直接FKを除いたセットプレーからのゴールは19に上る。これは52試合で18ゴールだった昨シーズンをすでに上回っており、同得点率では近年の最多記録である2014-15シーズンの59試合・24ゴールも凌いでいる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ