【J1採点&寸評】広島×清水|鄭大世が清水を初勝利に導くエースの仕事! 広島は攻撃陣が機能不全で沈黙

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月04日

広島――中盤から前線にかけては低調なパフォーマンスに終始。

【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】鄭 大世(清水)

画像を見る

[J1リーグ2節]広島 0-1 清水/3月4日(土)/Eスタ

【チーム採点・寸評】

広島 4.5
攻撃陣が放ったシュートは工藤の1本のみ。前線は機能不全に陥り、守備陣は我慢できず失点。森保体制6年目は厳しいスタートとなった。
 
【広島|採点・寸評】
GK
1 林 卓人 5.5
無難なクロス対応を続けて守ったが、PKから1失点。チームを救うことはできなかった。
 
DF
33 塩谷 司 5.5
唯一、相手に脅威を与えた選手だったが、73分のシュートはゴールを捉えられず。
 
5 千葉和彦 5.5
スイッチをオンにする縦パスは打ち込めず、広島のリズムで試合を進められなかった。
 
4 水本裕貴 5.5
安定感のあるプレーを続けたが、ビハインドになるとポゼッションに変化を付けられない点が引き立つ。
 
MF
14 ミキッチ 5.5
唯一の攻め手と言っていい状況だったなか、86分にビッグチャンスを工藤に届けたが。
 
29 森島 司 5(70分OUT)
相手に捕まって奪われるシーンもあり、効果的なボールを前線の3人に入れられなかった。
 
15 稲垣 祥 5(77分OUT)
厳しいジャッジだったが、痛恨のPK献上。相手はゴールに背を向けていただけに悔やまれるプレー。
 
16 清水航平 5
縦への突破を封じられ、左サイドからの攻撃は停滞。守備でも後手に回ることが多かった。
 
7 茶島雄介 4.5(56分OUT)
アタッキングゾーンに入ってゴールに向かい、仕掛けていくシーンはほぼないまま交代に。
 
10 フェリペ・シウバ 4.5
開幕戦に続いて違いを生み出すことができず、今節はプレースキックも不発に終わった。
【関連記事】
【広島】新エース・工藤の言葉から探る、新生トライアングルの「現在地」と「可能性」
【広島】攻守の中心に千葉和彦あり。5か月ぶりのリーグ戦出場に噛み締めた喜びとは?
【FC東京】噛み合わないのは想定内!? いまだ無得点も穏やかな大久保嘉人の思惑
【横浜】齋藤とのホットラインで今季2点目! 新トップ下・バブンスキーは“ゴール”で存在価値を証明
けやき坂46・影山優佳さんが「サッカー愛」、独自の「サンフレッチェ歴代ベスト11」を語る!
【磐田】中村俊輔が試行錯誤の中で新たな“発見”
【Jリーグ都道府県別選手数ランキング】1位東京は全1558人の約1割。“王国”静岡は沼津が入会するも…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ