長友もついに放出か? インテルが目論む「サイドバック刷新プラン」

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年02月15日

「本命」のスイス代表とは個人合意とも――。

インテルが夏の補強のトップターゲットに据えるロドリゲス。積極的な攻撃参加と正確なクロスが持ち味だ。(C)Getty Images

画像を見る

 ドド(現サンプドリア)、マルティン・モントーヤ(現バレンシア)、アレックス・テレス(現ポルト)、そしてジャネル・エルキン(現ベジクタシュ)……。
 
 インテルがここ3シーズンで獲得し、そして結果を残せずに退団していったサイドバックたちだ。
 
 昨夏に加入したジャネルにいたっては、突然の監督交代の影響も受けてわずか数週間で構想外となり、すぐにレンタルに出される始末。同じく今シーズンに加入したクリスティアン・アンサルディも、持ち前のダイナミックな攻め上がりは影を潜め、守備でも怠慢なプレーで失点に絡むなど、ステーファノ・ピオーリ監督の信頼を得られていない。
 
 現有戦力では、長友佑都とダビデ・サントンについても指揮官が満足していないのは明らかだ。唯一、堅実な守備が売りのダニーロ・ダンブロージオだけが重宝されているものの、消去法で出番を与えられているに過ぎず、とりわけ攻撃面での貢献度は高くない。
 
 攻守両面で機能するSBの補強――。今夏の移籍市場でこの「積年の課題」を解決するために照準を定めているのが、ヴォルフスブルクの左SBリカルド・ロドリゲスだ。この24歳のスイス代表には、以前からレアル・マドリーが興味を示しているほか、プレミアリーグ勢やパリSGも熱視線を送っている。
 
 だが、『サッカーダイジェストWEB』でもお馴染みのジャンルカ・ディ・マルツィオ記者(『スカイ・スポーツ』のメルカート専門記者)によれば、インテルは代理人と接触して好感触を得た模様。本人がイタリア行きを望んでいることもあり、ライバルよりも年俸などが低くともセリエA行きを決断する可能性が高いという。

 そのため現在の焦点は、ヴォルフスブルクが設定している契約解除金(2200万ユーロ=約26億4000万円)を支払えるかどうか。少なくとも2000万ユーロ以下に値引きされることはないと見られ、SBとしては安くない金額をつぎ込むかに注目が集まる。
 
 
【関連記事】
けやき坂46・影山優佳さんが「サッカー愛」、独自の「サンフレッチェ歴代ベスト11」を語る!
「ウチの選手にも観てもらいたい」ハリルホジッチがバルサを圧倒したパリSGの“デュエル”を激賞
欧州蹴球4コマ漫画 Vol.26「パリSGの強さにバルサ以上にショックを受けたのは?」
「ヘディングは認知症を高確率で引き起こす」英国の大学研究チームが発表!
柴崎岳の「不安障害」をテネリフェが認める…スペインで最初の難関を乗り越えられるか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ