【横浜】齋藤学はなぜ10番にこだわり残留を決断したか――新生F・マリノスはどう変わる?

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2017年02月09日

「10番をつけたからといって上手くなるわけではない」が…。

自ら10番を希望した齋藤。新シーズンに懸ける決意の表われだ。写真:藤井雅彦

画像を見る

 齋藤学の契約更新が2月8日に正式発表され、今季を戦う陣容がようやく出揃った。複数年契約が満了となる今オフは欧州移籍への絶好のチャンスであり、実際にリストアップするクラブはドイツやスペインに複数あった。しかし条件面で折り合わず、タイムリミットに。宮崎キャンプ序盤は精神的なダメージも見え隠れしたが、今は先を見据えて走り始めている。
 
 その証左が背番号10であろう。この変更は契約交渉の場で齋藤自らが懇願したことが起点である。横浜は短時間でさまざまな事態を想定し、多少なりともリスクを覚悟した上でゴーサインを出した。変更を願い出た理由について齋藤は「もうひとつ自分にプレッシャーをかける意味でも重要な番号」と真剣な眼差しで語った。
 
 今後、偉大な前任者の影が脳裏をよぎることもあるはず。それは足枷ではなく、越えなければならないハードルだ。「10番をつけたからといって上手くなるわけではない」と言いつつも、この出来事がプラスに作用するように前へ進むしかない。クラブの判断を英断にするには、齋藤が中心となってチームを勝たせるしかない。
 
 そして今オフに何かと批判の的になったフロントは、齋藤の件以外にも大胆な方策に打って出ている。例えばアジア枠を含む外国籍枠5をすべて使い切った点はとても興味深い。国籍は韓国、キュラソー、ポルトガル、マケドニア、オーストラリアとまさにグローバル。「他のチームにできないようなチャレンジをしていく」という利重孝夫チーム統括本部長の言葉に偽りはなく、シティ・フットボール・グループとの資本提携なくして今オフの編成は不可能だった。もちろん結果が出るとは限らないが、過去に前例のないチャレンジを試みていることは間違いない。
 
 あとは指揮を執って3年目を迎えるエリク・モンバエルツ監督がどう料理を仕上げるか。チームは始動日以降、エネルギッシュなトレーニングを連日行なっている。30代の選手がわずかに4人しかいないピッチで中心となるのは20代前半の選手たちだ。彼らは常にフレッシュな状態でスピーディかつインテンシティの高い練習を実現させる。
 
 ここ2年、不動のボランチとして存在価値を高めている喜田は「自分たちの世代がチームを引っ張るつもりでやる」と意欲を見せている。若さ特有の一本調子になる傾向こそあるが、クラブが能動的に新たな方向に舵を切ったことによる変化が早くも表われている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ