【磐田】中村俊輔と名波監督の助言で新人・針谷がトップ下で躍動! その内容とは!?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年02月09日

中村の主戦場、トップ下で勝負!「一緒にプレーできてとても有難い。ただ、負けられない」。

ニューイヤーカップの北九州戦ではトップ下で先発し、74分までプレーした針谷(34番)。随所で持ち味を発揮した。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【2017 Jリーグ DAZNニューイヤーカップ・鹿児島ラウンド】
ギラヴァンツ北九州 0-1 ジュビロ磐田
2017年2月8日/11:00/鹿児島県立サッカー・ラグビー場
 
 
 新星輝く――。今春高校を卒業する新人のMF針谷岳晃が北九州戦でトップ下に入り、躍動感溢れるプレーを随所で見せた。
 
 3日前の熊本戦で先発出場した中村俊輔は、この日は登録メンバーから外れ、ベンチから若手主体のチームの戦いぶりを見守った。代わって磐田の司令塔のポジションを務めたのが、埼玉県の昌平高3年生であり、卒業後に磐田に加入する弱冠18歳の針谷だった。
 
 ピッチを跳ねるように軽快に駆け回るのが特徴的な磐田の34番。何度も空いたスペースに顔を出し直してボールを引き出し、つなぎ役として揺さぶりをかけた。
 
 キャンプ中には名波監督との個人面談があり、当面の起用法などについて話し合ったという。ボランチではフィジカル的に重圧を受けてボールを追う時間が長くなってしまうため、プレーに制約が増えてしまうかもしれない。そういった観点なら、プロのスピードに慣れて持ち味を出すためにも、しばらくは(キャンプ中)、「トップ下でトライする」ことになったそうだ。
 
 もちろん、磐田のトップ下と言えば、新10番、中村の主戦場である。ただ、だからこそ、今でしか積めない経験ができるとも感じたと言う。

 針谷は素直な気持ちを語る。
 
「俊さんには練習から学べるところが多く、一緒にプレーできてとても有難いです。ただ、負けられないという気持ちもあります。そこで胸を借りる気持ちで思い切って取り組んでいきたいです」
 
 昌平高をインターハイのベスト4に導いたテクニシャン。166センチと小柄だが、バイタリティ溢れる運動量を生かし、縦横無尽に細かいステップで駆け回る。そしてハイレベルな技術と広い視野を駆使して、ボールを360度どこにでも、思ったところにコントロールできる。「囲まれてもボールを失わないところ」を自身も特長に挙げる。
 
 この北九州戦では、ボールをより多く触れることを意識した。それでも、「まだまだ俊さん(中村)に比べたら、タッチ数自体が少ない。そこは俊さんからも、(名波)監督からも言われた」そうだ。

PHOTO【NYC鹿児島ラウンド】北九州0-1磐田 若手が躍動し、磐田が勝利を掴む
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ