• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ブンデス日本人の現地評】苦しんだ2017年の初戦――評価が分かれた武藤、香川、長谷部、酒井らには厳しい目…etc.

【ブンデス日本人の現地評】苦しんだ2017年の初戦――評価が分かれた武藤、香川、長谷部、酒井らには厳しい目…etc.

カテゴリ:海外日本人

山口裕平

2017年01月24日

復帰した武藤は「ウサギのように走って走って、走りまくった」

国内リーグでは4節ブレーメン戦以来の出場を果たした武藤。ボールに触れる回数は少なかったものの、積極的な姿勢は随所に見られた。周囲との連係が整えば、より存在感を増していくだろう。 (C) Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガは前半戦最終戦となる第17節が行なわれ、6人の日本人選手が出場を果たした。
 
 マインツ対ケルン戦(0-0)では早速、日本人対決が実現している。
 
 負傷から復帰した武藤は今シーズン、リーグ戦初先発を飾り、2度の決定機を迎えたがゴールはならなかった。大迫も第2節から続く先発出場を伸ばし、チーム最多となる3本のシュートを放ったが、こちらも結果には繋がらなかった。
 
『ビルト』(4点)、『キッカー』(3.5点)の評価は今ひとつだったものの、対照的にマインツの地元紙『アルゲマイネ・ツァイトゥング』はチーム最高タイとなる2点を付け、以下の通りに武藤を称賛している。
 
「この日本人は、ウサギのように走って走って、走りまくった。彼の典型的な役割であるファーストDFとして素晴らしい働きを見せ、前線での組み立てにも貢献した」
 
 89分間のプレーで記録した走行距離11.51kmはチーム5位ながら、ケルンのどの選手よりも多く、シュミット監督も試合後の会見で「ヨッチは先発復帰戦で素晴らしいプレーを見せた。最後のところでテンポに欠けたが、前線の選手たちには満足している」と語った。
 
 一方の大迫に対しては、『ビルト』、『キッカー』ともに採点は4点。地元紙『エクスプレス』も「ヒザの怪我の後で、まだ100パーセントではなかった。39分のヘディングと79分のシュートが脅威だった」とだけ記し、4点を付けた。
 
 右足首からの負傷から復帰し、いきなり先発フル出場を飾ったドルトムントの香川には厳しい評価が寄せられた。
 
 ブレーメン戦(2-1で勝利)では3本のシュートを放ち、スルーパスでロイスの決定機も演出したが、『ビルト』は3点、『キッカー』は4点という採点……。
 
 4.5点を付けた地元紙『WAZ』は「力を尽くしたし、動き回った。しかし、多くのアクションにおいて、常にどこか不運だった。2つのシュートはうまくミートせず、素晴らしいパスはロイスがフイにした」と記し、地元紙『ルールナハリヒテン』も4.5点と厳しかった。
【関連記事】
スアレス、レバンドフスキ、イグアインらはなぜゴールが奪える? 「ストライカー」に必要なフィジカルとメンタル
ベイルに続き、モドリッチまでもが…。相次ぐ主力の故障離脱でジダン・マドリーの先行きに暗雲
【神戸】ポドルスキだけじゃない!J1優勝候補の一角に推せる3つの理由
セーブ率0%のマンC守護神に批判が集中。ただ、本当にブラーボの責任か?
岡崎をトップ下で起用したラニエリが「私に責任がある」と自身の采配を謝罪
内田に強力なライバルが? シャルケがチェコ代表のウイングバック獲得を模索中

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ