モナコの「アンリ2世」がドルトムント香川の同僚に?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年01月19日

爆発的なスピードとパンチの利いたシュートが売り。

今シーズンはCL出場を果たすなど充実の一途を辿るエムバペ。ビッグクラブへのステップアップも時間の問題か。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 ドルトムントがモナコに所属するフランスU-19代表FWキリアン・エムバペの獲得を目指しているようだ。ドイツの複数のメディアが報じている。
 
 現在18歳のエムバペは「ティエリ・アンリ2世」と称される快足アタッカーで、爆発的なスピードとパンチの利いた右足のシュートが売り。16年2月にクラブ史上最年少となる17歳62日でトップデビューを果たし、2年目の16-17シーズンは12試合に出場して3ゴールをマークしている。

 まだA代表歴こそないが、キングスレー・コマン(バイエルン)やウスマンヌ・デンベレ(ドルトムント)らとともに、未来のフランス代表を牽引しうる存在として大きな注目を集めている。
 
 ドルトムントがここにきてエムバペをリストアップしたのは、FWアドリアン・ラモスの去就と無関係ではないだろう。このコロンビア代表に対しては中国スーパーリーグの重慶力帆から移籍金1200ユーロのオファーが届き、すでに大筋で合意(今シーズンいっぱいはグラナダへレンタル移籍とも)。近日中にも退団が正式発表される見込みだ。
 
 ラモスを失えば、本職がピエール=エメリク・オーバメヤン1人となるCFの補強は急務で、エムバペの獲得に本腰を入れても不思議はない。

 この新進気鋭のアタッカーが加入することになれば、香川真司とっても少なくない影響をもたらしそうなだけに、今後の動向に注目だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ