【小宮良之の日本サッカー兵法書】試合出場も、移籍も困難……清武を苦しめるリーガの特殊な事情とは!?

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2017年01月18日

フロントの評価は高いが試合には出られず…痛し痒しの現状。

日本代表では不可欠な存在となり、2試合連続でゴールも挙げている。現状については清武本人だけでなく、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も、サンパオリ監督ももどかしさを抱いているかもしれない。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本代表の中心選手となりつつある清武弘嗣だが、所属するセビージャでは出場機会に恵まれず、今冬での移籍が噂されている。
 
 しかし、リーガ・エスパニョーラでほとんどプレーしていない選手の獲得に、どこも積極的に手を上げているわけではない。デポルティボ行きが浮上したものの、実際は人物照会レベルの話だった。そもそも、デポルティボの外国人枠は埋まったままである。
 
 有力な受け入れ先として、ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンなどが候補に挙がったが、セビージャがこれを許す可能性は低い。なぜなら、リーガよりもレベルが低いブンデスリーガに戻ってしまったら、ここまでせっかく順応させてきた努力も水の泡となるからだ。
 
「清武のことはずっとスカウティングしてきたし、今も評価している。彼に必要なのは適応だ。レンタルで出すつもりはない」
 
 セビージャのモンチSDは、ずっとその言葉を繰り返している。
 
 清武にとって、この評価は痛し痒しだろう。出場機会が少ない状態では、否応なく試合勘が鈍る。それは日本代表でのプレーを考えると、大きなマイナスになってしまう。実際、所属クラブで出場数が減った日本代表選手たちは、揃ってフォームを崩している。
 
 では、今の清武はセビージャでポジションを取れるのか?
 
 それは、残念ながら難しい。
 
 攻撃的MFは、サミア・ナスリ、フランコ・バスケス、ビトーロの3人でほぼ不動。パブロ・サラビア、ビセンテ・イボーラは、サイドやボランチなど複数ポジションができるのがアドバンテージになっている。次にホアキン・コレア、ガンソと続くだろうか。
 
 清武は、アタッカーとして8番手(4人くらいの枠で)。今はベンチ入りするのがやっとという状況が続いている。さらに冬の移籍で加入したステバン・ヨベティッチがいきなりレアル・マドリーを下すゴールを叩き込んだこともあり、清武の存在感は薄まる一方だ。
 
「出場機会を求めて移籍を」
 
 そんな考えが頭をよぎるのは当然だろう。
 
 しかし彼の場合、日本代表選手であることがネックになってしまっている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ