【CS準決勝|ハイライト検証】CB昌子が“あっさりと”憲剛にかわされた59分の場面。組織で守るため「わざと大げさに滑った」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2016年11月24日

「はたから見たら、“うわ、かわされた!”となるかもしれないけど」

中村との駆け引きに勝った昌子。劣勢の時間帯が長く、「しんどかった」と振り返るも、身体を張って最後まで守り切った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[Jリーグチャンピオンシップ準決勝]川崎 0-1 鹿島/11月23日/等々力

 59分のワンシーンには、鹿島のディフェンスリーダー、昌子源の凄みが凝縮されていた。
 
 自陣エリア内のやや右側に、三好康児のパスに抜け出した中村憲剛が侵入してくる。これに素早く反応した昌子が、シュートブロックのため身体を投げ出してスライディングを試みる。
 
 中村はこれを予測していたかのように、左足でそのまま打たずに切り返し、右足に持ち直してシュート。ボールは枠を外したが、決定的な場面だった。
 
 懸命なディフェンスを見せた昌子が、中村にあっさりとかわされた――。そう捉えられても不思議ではない。ところが、昌子からしたら“してやったり”だった。
 
「絶対に切り返すと思っていた。分かっていたけど、そのままシュートを打たれたほうが危ないと思った。だから俺が自分でスライディングして、“切り替えさせたら”、多分、(ファン・)ソッコとかが間に合うんじゃないかと、わざと大げさにめっちゃ滑った。案の定、切り返してくれて、それでソッコか(山本)脩斗君が寄せて、コースがなくなった」
 
 まさに昌子の思惑通り。中村にそのままシュートを打たれても防げるようにスライディングをする。しかし、それはある意味、フェイクの動き、駆け引きでもあった。中村が左足から右足に持ち直すために要したほんの数秒が、ファン・ソッコに寄せる時間を与え、中村のシュート精度を狂わせた。
 
「自分の判断は間違っていなかったと思う。はたから見たら、“うわ、かわされた!”となるかもしれないけど。あれは、俺らディフェンス陣の“勝ち”やったかな、と。組織で守ることができた」
 
 こうしたスリリングな局面のせめぎ合いを一つひとつ、確実に制した鹿島が、リーグ屈指の攻撃力を誇る川崎を無失点に抑え、浦和が待つファイナルへと駒を進めた。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【川崎 0-1 鹿島 CS準決勝PHOTO】 3位からの下剋上で鹿島が決勝進出!

11月24日発売号の特集は「J1&J2全40クラブの3大強化ポイント」をお届けします。またクラブダイジェストはJ2優勝で5年ぶりのJ1昇格を果たした札幌です。

画像を見る

【関連記事】
【CS準決勝】「結果がすべて」と肩を落とした中村憲剛。喪失感に苛まれながら絞り出した言葉は…
【セルジオ越後】川崎には「勝つ文化」がない。鹿島とは対照的だったね
【CS準決勝】プレー分析|「満男さんがそこにいるから」。絶大な信頼を得る小笠原が、“門番”として中盤を支配
【蹴球日本を考える】「秘伝のたれ」のような鹿島の変わらぬ味。川崎は作り上げた味を守れるか?
【CS準決勝】愛弟子たちの想い 車屋編|「風間監督の攻撃的なサッカーは、僕たちが子どもの頃からやりたかったサッカー」
【CS準決勝】「本当の意味でのタイトルを」。小笠原に宿る常勝軍団の熱き魂
【CS準決勝】ハリルホジッチ監督の視察は急だった!? 気になる“あの選手”にも言及

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ