【CS準決勝】愛弟子たちの想い 車屋編|「風間監督の攻撃的なサッカーは、僕たちが子どもの頃からやりたかったサッカー」

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年11月24日

「今日は負けたけど、自分たちのサッカーは貫いたと思う」

「自分たちのサッカーは貫けた」。車屋は敗戦のなかにも、攻撃的なサッカーを貫いたことにプライドを覗かせた。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[Jリーグチャンピオンシップ準決勝]川崎 0-1 鹿島/11月23日/等々力
 
 リーグ戦における「風間フロンターレ」の挑戦は終わった。勝点72を積み上げてレギュラーシーズンを2位で終え、チャンピオンシップ準決勝のホームアドバンテージを獲得。溢れんばかりのサポーターの後押しを受け、1点ビハインドの後半には怒涛の猛攻を見せたが、経験値で勝る鹿島の“牙城”は崩せなかった。

【川崎 0-1 鹿島 CS準決勝PHOTO】 3位からの下剋上で鹿島が決勝進出!

 風間八宏監督は試合後の会見で、ゲームをこう総括している。
「ひと言、入らない時は入らないなというゲーム。でも今までアントラーズとやったリーグ戦とは違う内容だし、すごく逞しくなったなと。1点というのは残念で、今日の試合は負けてしまいましたけど、決してすべてのところで敗者だと思いません。逆に素晴らしい戦いをしてくれた敗者だと思いますし、これは必ず次につながるなと思った一戦でした」 
 
 そんな指揮官に同調するように、悔しい敗戦のなかでも「自分たちのサッカーは貫いたと思う」と胸を張るのが、筑波大時代に風間監督の薫陶を受け、川崎加入後もレギュラーとして起用されてきた車屋紳太郎である。この日も左のWBで先発出場し、69分には登里享平にスルーパスを通すなど、チャンスに絡んだ。
 
 すでに風間監督は今季限りでの退任が発表されており、ともに戦える時間は少ない。リーグ戦に限って言えば、チャンピオンシップは負けた時点で終わりだ。それゆえ、選手たちは様々な想いが交錯していたようだが、試合前日に全員で話し合い、意思統一を図ったという。
 
「それぞれ想いは違うと思いますけど、(鹿島戦に)『監督のために』と思って臨んだ選手もいると思います。移籍の話も出てくる時期ですから。ただ、昨日みんなで話し合って、『そういうことは一度忘れよう』と。チーム一丸となって頑張ろうと確認しました。鹿島は毎試合守備が堅いし、試合を通して相手が上手だった。でも、今日は負けましたけど、自分たちのサッカーは貫いたと思います」
【関連記事】
【セルジオ越後】川崎には「勝つ文化」がない。鹿島とは対照的だったね
【CS準決勝】敗戦に涙した大久保。チームの課題に「言い続けたけど結局は変わらなかった」
【CS準決勝】「結果がすべて」と肩を落とした中村憲剛。喪失感に苛まれながら絞り出した言葉は…
【CS準決勝|採点&寸評】川崎×鹿島|決勝点の金崎は好評価も、MOMは中盤の攻防で競り勝った小笠原。川崎は大久保が沈黙…
【日本プロサッカー選手会|特別インタビュー】高橋秀人会長が語る知られざる選手会の舞台裏
『家政夫のミタゾノ』にも出演中の堀田茜がサッカーを語る!「次の目標はCL決勝に行きたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ