• トップ
  • ニュース一覧
  • 【CS準決勝】「結果がすべて」と肩を落とした中村憲剛。喪失感に苛まれながら絞り出した言葉は…

【CS準決勝】「結果がすべて」と肩を落とした中村憲剛。喪失感に苛まれながら絞り出した言葉は…

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年11月23日

「周りはみんな良い環境を作ってくれた」

この日は21分に登場し、決定機も迎えた中村。しかし、チームを勝利に導くことはできなかった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[Jリーグチャンピオンシップ準決勝]川崎0-1鹿島/11月23日/等々力
 
 浦和の待つCS決勝への切符を懸けた一戦で、試合前に配られたスタメン表に背番号14の名前はなかった。足の状態が万全ではなかった中村憲剛はベンチで仲間たちの戦いを見守り、自らが必要となる時を待っていた。
 
 しかし、その時は予想外に早く訪れた。試合開始21分、1トップで先発した長谷川竜也が、ロングボールに走り込んだ際に足を痛め、プレー続行が不可能となったのだ。
 
 風間監督の頭のなかには、勝負所で中村を起用するプランがあったはずだ。だが、序盤から鹿島の激しい守備に苦しめられたチームを目にしたためか、チームの絶対的司令塔の投入を即座に決断した。
 
 中村は負傷の影響もあり、珍しくパスミスが目立ったが、1点ビハインドで迎えた59分には見せ場を作る。三好康児からのスルーパスを受けると、ペナルティエリア内で昌子源のスライディングを華麗にかわし、右足を一閃。シュートは左サイドネットに外れたが、1点を追うチームを力強く鼓舞した。
 
 その後も幾度となく前線にボールを供給し、攻撃を支えた。しかしスコアは0-1のまま動くことなく敗戦。試合後、中村は肩を落として、率直な想いを語った。
 
「自分がシュートを外して、いや外してというよりか決められるところで決められなかったので、そこだけです。周りはみんな良い環境を作ってくれましたし、結果がすべてなので……。今は喪失感が大きくてコメントできないです」
 
 クラブ在籍14年目、今季こそはと臨んだ初タイトルへの挑戦は再び阻まれた。しかし、まだ天皇杯の戦いが残っている。「大きく成長できた」と話してきた風間体制でのラストチャレンジにすべてを懸けてほしい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部) 

【川崎 0-1 鹿島 CS準決勝PHOTO】 3位からの下剋上で鹿島が決勝進出!

11月24日発売号の特集は「J1&J2全40クラブの3大強化ポイント」をお届けします。またクラブダイジェストはJ2優勝で5年ぶりのJ1昇格を果たした札幌です。

画像を見る

11月24日発売号のサッカーダイジェストでは、クラブダイジェストでJ2王者の札幌を取り上げています。

画像を見る

【関連記事】
【セルジオ越後】川崎には「勝つ文化」がない。鹿島とは対照的だったね
【CS準決勝|採点&寸評】川崎×鹿島|決勝点の金崎は好評価も、MOMは中盤の攻防で競り勝った小笠原。川崎は大久保が沈黙…
【CS準決勝】敗戦に涙した大久保。チームの課題に「言い続けたけど結局は変わらなかった」
【CS準決勝】ハリルホジッチ監督の視察は急だった!? 気になる“あの選手”にも言及
【CS準決勝】鹿島指揮官を「策士だな」。手倉森誠氏もその勝負強さに驚きを隠さず

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ