【CS準決勝】「本当の意味でのタイトルを」。小笠原に宿る常勝軍団の熱き魂

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年11月24日

「満男さんはいつも通りのプレーをしてくれただけだと思う」(三竿)

序盤から球際で戦い続ける小笠原の姿が、永木や三竿らチームメイトの心を奮い立たせた。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[Jリーグチャンピオンシップ準決勝]川崎0-1鹿島/11月23日/等々力
 
 普段は寡黙でスポットライトを浴びることを望まない背番号40は、ピッチ上で誰よりも輝きを放っていた。長短を織り交ぜたパス、絶妙なボール奪取、鋭い読みとポジショニング、球際での戦う姿勢。ほぼパーフェクトの出来と言っていい。川崎戦で、そんな偉大な先輩とボランチコンビを組んだ永木亮太と三竿健斗は、その影響力の大きさについてこう語る。
 
「満男さんがそこにいるから、自分が前に出て行けた。鹿島にはタイトルを獲っている選手が多いけど、特に満男さんは勝負どころを知っていて、しっかり(チームを)締めてくれる」(永木)
 
「満男さんが闘っている姿を見て、僕たちもやらないといけないと思った。抜かれちゃいけない場面でしっかり止めていたので、さすがだなと」(三竿)
 
 永木は「魂の入った試合ができた。それが鹿島のベースにある」と語ったが、その“気持ち”の部分を奮い立たせたのは小笠原のプレーだ。苦しい展開でも、川崎の司令塔・中村憲剛を監視して自由を与えず、ピンチでは鋭いボール奪取と身体を張った守備で攻撃を撥ね返した。それでも、決して川崎戦のパフォーマンスが特別に良かったわけではないのだという。三竿は「満男さんはいつも通りのプレーをしてくれただけだと思います」と話す。
 
 そんな三竿の言葉を聞いていたかのように、試合後に取材に応じた小笠原は、1-0でチャンピオンシップ決勝に駒を進めた喜びを一切見せず、逆に課題ばかりが口を突いた。
 
「奪ってもすぐに相手ボールになっていたし、得点してからの試合の運び方はもう少し上手くできないと。この先勝っていくためには、追加点を取るなり、マイボールの時間を増やすなり、修正が必要になる」
【関連記事】
【セルジオ越後】川崎には「勝つ文化」がない。鹿島とは対照的だったね
【CS準決勝】愛弟子たちの想い 車屋編|「風間監督の攻撃的なサッカーは、僕たちが子どもの頃からやりたかったサッカー」
【CS準決勝】プレー分析|「満男さんがそこにいるから」。絶大な信頼を得る小笠原が、“門番”として中盤を支配
【CS準決勝|ハイライト検証】CB昌子が“あっさりと”憲剛にかわされた59分の場面。組織で守るため「わざと大げさに滑った」
【CS準決勝|この一枚】敗者を思いやる気持ち。鹿島・植田直通のサムライ魂
【CS準決勝】鹿島指揮官を「策士だな」。手倉森誠氏もその勝負強さに驚きを隠さず
【CS準決勝|採点&寸評】川崎×鹿島|決勝点の金崎は好評価も、MOMは中盤の攻防で競り勝った小笠原。川崎は大久保が沈黙…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ