• トップ
  • ニュース一覧
  • 【Jユースカップ】惜しくもベスト4で涙を呑んだ京都U-18。指揮官・森岡隆三が見せた熱情と進化

【Jユースカップ】惜しくもベスト4で涙を呑んだ京都U-18。指揮官・森岡隆三が見せた熱情と進化

カテゴリ:高校・ユース・その他

川端暁彦

2016年11月14日

落胆を隠せなかった監督1年目を経て

選手たちに寄り添う姿が印象的な森岡監督。指揮官の胸中に飛来したものとは? 写真:川原崇(高校サッカーダイジェスト)

画像を見る

「今年、プレミアリーグではいろいろ、本当にしんどい思いをしてきたからね」
 
 京都サンガU-18を率いて2年目を迎えた森岡隆三監督は、そう実感を込めて振り返る。
 
 実際、ここまで15試合を戦って、4勝3分け8敗の6位(10チーム中)。依然として降格の可能性を残す戦績が本意のはずもない。ただ、一時の本当に悪かった時期に比べてチーム力が付き、状況は好転してきている。選手・監督ともにその認識は共通しており、そうした手応えを持って臨んだのが秋のJユースカップだった。
 
 満を持して臨んだ準決勝・FC東京U-18戦は、そんなチームの成長を示す絶好機だった。
 
「今季ずっと安定して高い位置にいたのがFC東京で、昇ってきたのが俺たち」と、森岡監督は事前にそんな言葉で煽ったというが、選手たちはその言葉に応えるプレーを見せた。前半を終えての感触は「ファンタスティックではないかもしれないが、グッドだった」(森岡監督)。0-0での折り返しに手応えを得ながら臨んだ後半も、52分にU-16日本代表MF福岡慎平(1年)の目の覚めるようなミドルシュートが決まり、最高の形で先制点も奪い取ってみせた。
 
 だが、結果は延長戦の末に逆転負け。森岡監督はターニングポイントとして、68分に起きた出来事を挙げる。
 
 FC東京のGK波多野豪(3年)と京都CB麻田将吾(3年)が空中で交錯する流れから、波多野が倒れた麻田に拳を入れてしまう。レッドカードに相当する振る舞いだったが、主審は見えていなかったのか退場者を出す勇気がなかったのか、イエローカード止まり。「子どもたちも観ている前で絶対に許されないプレーだった」と感じた森岡監督の怒りは収まらず、リスタートされてからも激しい抗議を続けた。
 
 怒り自体は理解できるものだが、監督という立場からすると、少々感情的になりすぎたのは確かだ。「俺が試合を壊してしまったよね。雰囲気を悪くしたし、あそこから冷静に試合を観られなくなっていた」と話す指揮官の状態が、ピッチ上に影響を与えなかったとは言えまい。直後に与えたPKこそGK遠近眞明(3年)が素晴らしいセーブで防いだものの、防戦一方になるなかで75分に同点弾を許すと、迎えた延長戦では力及ばず、1-2の逆転負けとなってしまった。
 
 ただ、森岡監督がここまで感情的になったこと自体に、今季の京都U-18の「成長理由」と4強まで勝ち抜いてきた理由の一端があるように思えてならなかった。
 
 昨年のJユースカップ。京都U-18は3回戦で浦和レッズユースに敗れて、大会を去った。試合後、選手たちの淡泊なプレーぶりに監督1年目の森岡監督は落胆の色を隠せなかった。
 
 基本的な戦う姿勢や最後まで諦めずに身体を張るといった、かつてのワールドカップ戦士である“森岡隆三”にとっては至極当たり前、できて当然のプレーを表現できない選手たちについて、「ここまで出せないとは」と語った上で、指導方針の修正も示唆していた。技術・戦術よりも、まず当たり前の姿勢を出せる選手でなければいけない、ということだ。
 
「そういう選手でないと、プロでは絶対に通用しないから」
 
 奇しくも今年と昨年、ふたつの敗戦後にまるで同じ言葉が、森岡監督の口から発せられた。ただ、その意味合いは大きく違う。ゴール前で身体を張る、最後まで諦めずに戦い抜くというプロとして持つべき基本姿勢については、「今年、間違いなく詰めてきた部分。責任感を求めてきた」と指揮官は胸を張る。
 
 
【関連記事】
総勢122名が新たにプロに! 2017Jクラブ・新卒入団&昇格内定者を一挙に紹介
岩崎だけじゃない!! 京都U-18が誇る昇格内定コンビが、クラブの未来を明るく照らす
U-16日本代表の主将、福岡慎平はやはり大物だった
【Jユースカップ準決勝】FC東京U-18が3冠へ前進。逆転で延長戦を制す
【J2】4位C大阪のJ1自動昇格が消滅。5位京都までのプレーオフ進出が確定

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ