• トップ
  • ニュース一覧
  • 【選手権出場校】福岡・東福岡|選手層にさらなる厚みを加えて、連覇へまっしぐらに突き進む“赤い彗星”

【選手権出場校】福岡・東福岡|選手層にさらなる厚みを加えて、連覇へまっしぐらに突き進む“赤い彗星”

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2016年11月14日

決勝では藤川を抑えて田尻がスタメン出場

藤川と熾烈なポジション争いを繰り広げる田尻。その成長はチームにとって大きなプラス材料に。写真:松尾祐希

画像を見る

衝撃的だったインターハイでの早期敗退から3か月。“赤い彗星”は見事なバージョンアップを遂げた。写真:松尾祐希

画像を見る

「選手たちがよく頑張ってくれたかなと思います」
 
 そう称えるのは、東福岡の森重潤也監督だ。
 
 優勝候補筆頭として臨んだインターハイの初戦敗退から早3か月。“赤い彗星”は福岡選決勝で県下のライバル九州国際大付を6-0の大差で撃破し、ディフェンディングチャンピオンに恥じない戦いぶりで、4年連続18回目の選手権出場を決めた。
 
 夏以降、チームは主力選手を怪我で欠くことが多く、プレミアリーグWESTなどベストメンバーで挑めた試合は数える程度だった。そのため、森重監督は強化に苦心。「インターハイが終わってからなかなか思うようにチーム力を上げられないまま、この県予選に入ってしまった」と状態の悪さを認めていた。
 
 しかし、そこで下からの突き上げがあるのが東福岡だ。
 
 4-1-4-1システムのトップ下に位置するジュビロ磐田入団内定のMF藤川虎太朗(3年)が夏場に離脱すると、技巧派の田尻京太郎(3年)が台頭。もともとレギュラー格ではあったが、中心選手としてピッチに立ったことで化学変化が起こり、彼に多くの経験値も与えた。
 
 その成長ぶりは「田尻は虎太朗がいない間にずいぶんと成長した。ゲームをコントロールできるようになったし、ウチとしては大きな収穫。その意味では良かったなと思う」と、志波芳則総監督も目を細める。
 
 決勝でも藤川を抑えて先発出場を果たすと、トップ下の位置から長短織り交ぜたパスで攻撃にアクセントを加えた。前半29分にはFW藤井一輝(3年)の2点目をアシスト。「非常にいいパフォーマンスを維持してくれているので、代える必要はなかった」と森重監督が語るほど、存在感のあるプレーを披露した。
 
 
 
【関連記事】
総勢122名が新たにプロに! 2017Jクラブ・新卒入団&昇格内定者を一挙に紹介
【選手権:出場校一覧】 京都橘が最終チケットを獲得。全48代表校が出揃う!!
磐田が東福岡10番の藤川虎太朗の来季新加入を発表! 2年時の総体では得点王に
【選手権出場校】神奈川・桐光学園|苦闘の連続で培ったメンタリティー。さらなる組織熟成を図るスター軍団
【選手権予選】石川|まさに番狂わせ。星稜はなぜ敗れ去ったのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ