「常にゴールを狙う」久保裕也こそ、日本代表にとって一番の“特効薬”だ

カテゴリ:日本代表

中野吉之伴

2016年11月10日

常に冷静で感情の起伏を感じさせないが、実はどん欲で、強気。

今シーズンここまで、スイス・スーパーリーグでは14試合5得点、欧州カップを含めると22試合7得点の成績を残している。写真はCLプレーオフのボルシアMG戦。 (C) Getty Images

画像を見る

 久保裕也が欧州に衝撃をもたらしたのは、4か月前のことだった。
 
 所属クラブのヤングボーイズがチャンピオンズ・リーグ(CL)の予選3回戦で、本選の常連であるシャフタール・ドネツク相手に、センセーショナルな勝ち残りを決めたのだ。
 
 初戦となったアウェーマッチを0-2で落としながらも、ホームでの第2レグを久保の2ゴールで2戦合計イーブンに持ち込み、PK戦の末に劇的な勝利。ファンは狂わんばかりに歓喜の歌を熱唱し、久保の名前は途切れることなく叫ばれ続けた。
 
 本来、久保はそこにいるはずのない選手だった。当初参加予定でクラブからの約束も取り付けていたリオデジャネイロ・オリンピックの舞台に立っているはずだったからである。
 
 だが、出発寸前に主力FWアレクサンデル・ゲルントが負傷離脱してしまったことを受け、クラブは久保の五輪参加を土壇場で拒否。不可能を可能にするためには、あらゆる手を講じる必要があったのだ。
 
 日本五輪代表にとっては、間違いなく大きな、大きな痛手。本人にとっても、すぐに納得できるものではなかったはずだ。だが、久保は立ち止まらなかった。
 
 スイスのオンラインサイト『ブルーウィン』が「クボは五輪へのフラストレーションを感じさせずに、クラブを彼の力で勝利へと導いた」と書いていたが、苦しい境遇さえも自身を成長させるための場として受け入れ、答えをピッチに求め続けた。
 
 チームメイトのスティーブ・フォン・ベルゲンは「ユウヤはユウヤ。ポジティブでもネガティブでも、彼は感情を露にしたりはしない」と語っていたことがある。
 
 確かにピッチ上での様子を観察していると、常に冷静で感情の起伏を感じさせない。だが、それはあくまでも表立ってのことだ。
 
 どこまでもどん欲で、強気――。
 
 結果として2戦とも完敗で終わったボルシアMGとのCLプレーオフ後でも、「全然やれないという相手でもない」「(アウェーでも)3点取れないことはないと思う」「普通にやれる気はしていた」と、全く臆すことなく話していた。
 
 9月21日のファドゥーツ戦から10月16日のルガーノ戦まで、チームは公式戦5試合連続未勝利の時期があった。こんな時、久しぶりの勝利を挙げれば、とりあえずホッとするのが普通ではないだろうか。
 
 だが、10月20日のヨーロッパリーグ・グループステージ、APOEL戦で6試合ぶりとなる勝利の後でも、もちろんチームの勝利を喜びながらも、久保は簡単には満足しなかった。
 
「いや、俺的にはまだ(トンネルは)長いです。点が取れてないんで」
【関連記事】
【日本代表】小林祐希の原点<2> 天才少年の心に響いたヴェルディの本物志向と殺気立つほどの…
【日本代表】ケルンで蘇った〝半端ない〞大迫を、前線の軸に据える価値はあるのか?
【日本代表】失意の五輪辞退も「逆にすぐ切り替えられた」。久保裕也が満を持して代表デビューへ
【日本代表】「監督には本来、呼ばれる立場ではないと言われている」。それでも川島が必要な理由
【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』其の九十六「『守備的』なのは良しとしても『受け身』を続けてはならない」
【ドイツ在住記者の視点】ケルンでブレイクした大迫が日本代表にもたらすもの

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ