【マンC 3-1 バルサ|採点&寸評】2得点のギュンドアンやアグエロが躍動! MSNは先制点以外で違いになれず…

カテゴリ:ワールド

豊福晋

2016年11月02日

サバレタはファウル覚悟でネイマールを封じる。

グアルディオラ(右)は試合中のシステム変更が当たる。ファーストレグは先発から外したアグエロ(左)も期待通りの働き。(C) Getty Images

画像を見る

警告:マ=スターリング(11分)、コラロフ(60分) バ=ラキティッチ(20分)、ネイマール(29分)、ブスケッツ(76分)(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

【マンチェスター・C|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 7
敵のハイプレスに後方からのビルドアップを封じられ、序盤のボール支配率は20パーセント台と再び大敗を予感させた。しかし、39分に相手のミスを突いて同点として以降は、システム変更も功を奏して流れを手繰り寄せ、51分に勝ち越すと、74分に駄目押しして勝ち切った。4-0の大敗を喫した3節のリベンジを果たす。
 
監督 ジョゼップ・グアルディオラ 6.5
4-1-4-1でスタートしたが機能せず、30分過ぎに4-2-3-1に修正。中盤におけるミスマッチを解消し、その後の好転を引き寄せた。前節は戦術的理由で外したアグエロは、やはり欠かせないと再認識したはず。
 
【マンチェスター・C|選手採点&寸評】
[GK]
30 ウィリー・カバジェロ 6
出場停止のブラーボに代わって先発。失点シーンは大きな責任はなく、安定したセーブを見せた。ただ、フィードはやや正確さを欠いた。
 
[DF]
5 パブロ・サバレタ 6.5
ファウル覚悟の激しい守備でネイマールをほぼ封殺。中央への絞りも常に的確だった。守備は十二分の働きで、攻撃でもスターリングの背後で的確なサポート。
 
30 ニコラス・オタメンディ 6.5
出足の良い積極的なパスカットを繰り返し、スアレスとネイマールに良い形でボールを持たせなかった。空中戦の強さも光る。
 
24 ジョン・ストーンズ 5.5
オタメンディとの連携でスアレスを牽制し、決定的な仕事をさせず。ただ、23分と64分のパスミスはいずれも失点モノだっただけに、マイナス評価とせざるをえない。
 
11 アレクサンダル・コラロフ 6.5
3節で好き放題やられたメッシに粘り強く対応。63分にはオーバーラップからの素早いクロスでチャンスを作った。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ