本田圭佑にミラニスタから非難轟々…。「今すぐ出て行ってもいい」、「ファンの気持ちが分かっていない」

カテゴリ:海外日本人

マルコ・パソット

2016年10月29日

名前発表時に本田だけはブーイングを浴びた。

10月22日のユベントス戦で出番がなかった本田。この日のサン・シーロでミラン番記者が、ミラニスタに質問を投げかけてくれた。(C)Getty Images

画像を見る

 ミランの本田圭佑は、10月25日のジェノア戦(セリエA10節)で今シーズン初先発。しかし、相手の失点に絡む痛恨のミスを犯せば、攻撃でも何も違いを作り出せず、62分にベンチに下げられた。
 
 最終的にミランは0-3の大敗を喫して、絶対王者ユベントスから4年ぶりの勝利を飾った前節の勢いを削ぐこととなった。
 
 その10月22日のユーベ戦は、サン・シーロが久々の満員御礼に。スタジアムは熱気に溢れ、ラウドスピーカーが選手の名前を読み上げる度に、スタンドが震えるほどの歓声が上がった。
 
 しかしそんな中で、「ケイスケ・ホンダ」の名前が響いた時だけ、その歓声に確かにブーイングが混じっていた。スタジアム中がというほどではないものの、それでもはっきりと聞きとれるほどのブーイングだ。この日、スタメンと控えの選手を合わせて、ミランでそんな扱いを受けたのは本田ただ一人だった。
 
 10月2日のサッスオーロ戦後のミックスゾーで、「ブーイングが多すぎる」、「チームや選手への愛がない」とミラン・サポーターを公然と批判した一件が尾を引いているのだろう。
 
 実はユーベ戦の前、私はサン・シーロの周辺で何人かのミラニスタに声をかけ、「実際のところ本田のことをどう思っているのか?」と尋ねてみた。
 
 答のほとんどは、ミランが本田との契約を更新しなくても、それどころか1月にチームを去っても、「大きな損失になるとは思わない」という意見だった。もちろんこの場合のミラニスタとは過激なウルトラスではなく、ごく普通のサポーターだ。
 
 トスカーナから試合を見に来た45歳の男性は、こう言っていた。
 
「本田がこの3年間でミランに与えたものを数え上げてみると、それはあまりにも少なすぎる」
 
 そして、こう続けた。
 
「2年前の秋の活躍と単発に良かったいくつかの試合以外、彼がそれほど大きな貢献をしたとは言えない。1月とは言わず、今すぐにでも出て行ってくれていいよ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ