【ミラン番記者】本田圭佑がラストチャンスで戦犯に…。今回ばかりは「完全にアウト」だ

カテゴリ:海外日本人

マルコ・パソット

2016年10月28日

本田は失敗を象徴するような“顔”となってしまった。

10月25日のジェノア戦で今シーズン初先発のチャンスを掴んだ本田だが、戦犯扱いされる散々な出来に終わった…。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 ミッション失敗――。
 
 10月25日のジェノア戦(セリエA10節)で訪れた本田圭佑にとって今シーズン初のスタメン試合は、最悪の結果に終わった。まるでシーンを重ねるごとに主人公がより悲惨な状況になっていく、救いのないホラー映画のようだ。
 
 今シーズンのチームはどこか違う――。今から約1か月前のサンプドリア戦(4節)で、ミランがそう感じさせ始めたのと同じマラッシで、今度は0-3とジェノアに完璧に打ちのめされた。
 
  本田が終始低調なパフォーマンスだったのは、試合のリズムに慣れていなかったからかもしれない。なにしろここまで今シーズンは、ミランでたった18分しかプレーしていなかったのだ。もしくはちょうどジェノアが乗っていた日に当たってしまったのか、ミランが前節のユベントス撃破に慢心していたのかもしれない。
 
 とにかく最大の問題は、本田がこの失敗を象徴するような“顔”になってしまったことだ。
 
 本田が“戦犯”の烙印を押されてしまったのは、ジェノアの先制点のお膳立てをしてしまったことが最大の原因。11分、ペナルティーエリア手前でジェノアのトマス・リンコンがゴール前にクロスをあげた時、ミランのディフェンスラインは統率の取れた動きを見せ、絶妙のタイミングでラインを押し上げた。ただし、本田を除いては……。
 
 ファーサイドにいたディエゴ・ラクサールに付いていた本田は、一人だけ最終ラインより2メートルほど下がった位置に取り残され、それによってミランのオフサイドトラップは失敗し、高い代償を支払うことになる。
 
 本田のせいでニコラ・ニンコビッチがオフサイドにならず、ジャンルイジ・ドンナルンマはたった一人でゴールを守ることとなる。そして、ニンコビッチにやすやすとヘディングシュートを決められたのだ。
 
 この致命的な戦術的ミスは昇り調子だったミランと、なにより本田自身に大きなダメージを与えた。この日のミランは全体的に不調で、ボナヴェントゥーラ以外はほとんど及第点に値しなかった。
 
 それでも、ベンチ生活を抜け出してやっとスタメンの座を手に入れた本田は、誰よりも活躍してみせるべきだった。ミランで生き残るための千載一遇、文字通りのラストチャンスだったからだ。しかし、失点に絡んだ後も、攻撃でボールを受けてもまったく違いを作り出せないなど、存在感がまったくなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ