【ミラン番記者】本田圭佑のサポーター批判にミラニスタは「無視」と「怒り」の両極端

カテゴリ:海外日本人

マルコ・パソット

2016年10月13日

爆弾発言で再びイタリア人の関心を集める。

帰国直前のサッスオーロ戦後、ミックスゾーンでサポーターに苦言を呈した本田。ミラニスタの反応とは?(C)Getty Images

画像を見る

 イタリアでは本田圭佑の名前が、ここにきて再び人々の話題に上るようになっている。しかし悲しいかな、それはピッチでの活躍が理由ではない。今シーズンが始まって以来ずっと、ほとんどベンチを温め続けているのだから(7節を終えたセリエAで先発はゼロ、出場時間は計18分間)、当然だろう。
 
 今の本田は魔法使いが現われて、魔法の杖で全てを変えてくれるのを待つばかりだろう。そうでもないかぎり、この窮状からは抜け出せそうにない。
 
 本田がイタリア人の注目を集めたのは、また“爆弾発言”をしたからだ。
 
 振り返ればちょうど1年前にも、同じようなことがあった。昨年の10月4日、ホームでナポリに敗れた直後という最悪のタイミングで、本田は経営陣、監督、そしてメディアやサポーターに苦言を呈した。
 
「パリSGやマンチェスター・Cのようにチームに大きな投資しなければ、ミランはいつまでも再出発できない。ミハイロビッチ(当時の指揮官)は問題が選手の精神的アプローチにあるって言っている? わからないね。なぜ選手のせいにする? このチームを変えるには、経営陣も監督もサポーターもメディアも全て評価基準を変える必要がある」
 
 イタリアでは、「人前で喋るのが苦手で、大人しい」と思われていた本田の突然の手厳しいコメントに、ミランとその関係者たちは一様に驚いたものだった。
 
 しかし、360度を敵に回したこの本田の発言は、多くのサポーターから支持されたこともまた確かだった。発言の内容には共感できる部分があったうえ、なによりもチームから外される危険を顧みず、率直な思いを声に出した勇気を、ミラニスタたちは評価したのだ。
 
 一方、ミランのナンバー2であるアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、大いに困惑した。チーム方針に物申すことは、ミランでは絶対に御法度だ。ミックスゾーンで日本メディア向けに発せられた本田の発言をもう一度、一語一句まで正確に翻訳しなおさせ検証。ただ、スキャンダルを嫌うクラブは、対外的には“お咎めなし”という結論に落ち着かせた。ガッリアーニはこう取り繕っていたものだ。
 
「本田が日本人記者にコメントすると、彼が実際に何を言ったのか、なかなか正確に知ることができない。困ったものだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ