【ミラン番記者】「クラブで控え」本田圭佑の日本代表招集に疑問。イタリアではありえない!

カテゴリ:海外日本人

マルコ・パソット

2016年10月04日

ミランでは少しだけ風向きが変わりつつある。

開幕から7試合連続ベンチで、ここ2戦連続で出番がない本田。ミランでは完全にバックアッパーだ。(C)Getty Images

画像を見る

 何かが変わると思われる時には、それが本当に現実になるのかを時間をかけて見守らなくてはいけない。
 
 しかしどうやら先週の練習中、何かが変わり始めたのは確かなようだ。監督のヴィンチェンツォ・モンテッラはいつもに比べて明らかに長い時間、本田圭佑をレギュラー組でプレーさせていた。
 
 しかし、ご存知の通りサッスオーロ戦(10月2日のセリエA7節)で本田はまたも出番なし。7試合で5度目の「90分間ベンチ」だから、はっきり言ってもはやニュースにもならない。
 
 とはいえ、「溺れる者は藁をも掴む」という格言の通り、ほんの小さな出来事にでも希望を見出し、モチベーションを保ち続けなければ、光は絶対にやってこない。
 
 ミラネッロ(ミランの練習場)では週の中ほどでのトレーニングで、本田とルイス・アドリアーノがレギュラー組のビブスをつけてプレーしている姿が度々目撃された。モンテッラの頭の中で、何かが変わりつつある証拠だろう。
 
 たしかに、開幕から両ウイングのレギュラーを担ってきたエムバイ・ニアングとスソには、明らかに疲れが見え始めている。持ち前の俊敏なプレーを見せる頻度が2人とも減ってきたのは、そのためだ。
 
 そして、今回のサッスオーロ戦ではまず、ルイス・アドリアーノに左ウイングで出番が回ってきた。しかし低調な出来に終始し、ハーフタイムにニアングと代えられてしまった。
 
 ちなみに、そのニアングはスタメン落ちに発奮したのか、ドリブルでPKを奪取するなど、4-3の乱打戦を制すうえで決定的な存在となった。
 
 だからもしこの次、モンテッラがサイドアタッカーを変えるとしたら、チャンスは本田に巡ってくるだろう。それがいつになるかは分からないが、とにかく風向きが多少変わってきたのは確かだ。サッスオーロ戦の前日会見でもモンテッラは、こうコメントしていた。
 
「本田はスソとポジションを争っているが、これまで私はスソを使っている。しかし、本田が左サイドにうまくマッチすれば、新たな可能性が増える。今はそれを試しているところだ」
 
 この発言は本田によって、良いニュースにも悪いニュースにもなりうる。ポジティブな点は、モンテッラが本田にプレーするスペースを与えようとしているということ。ネガティブな部分は、そのためには逆サイドでのプレーも受け入れなければいけないということだ。
 
「今のところスソは右ウイングの事実上アンタッチャブルな存在」だと、モンテッラははっきりと認めている。だから、もし試合に出たいならば、本田は左ウイングへのコンバートを視野に入れなければいけない。
 
 しかし、彼のようにテクニックはあるがスピードに欠けるレフティーにとっては、カットインすればゴール方向に左足が向いてプレーしやすい右サイドのほうが適しているのは明らか。とにかく今は、事の成り行きを見守るとしよう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ