【ミラン番記者】本田圭佑の「バルサ売り込み」は本当だった! 関係者が真相を激白

カテゴリ:海外日本人

マルコ・パソット

2016年09月28日

モンテッラ監督の目に背番号10はまるで映っていない。

開幕から6試合連続のベンチスタートで、そのうち4試合は出番なし。今シーズンの本田はミランで完全にバックアッパー扱いだ。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 このままいくと本田圭佑にとって今シーズンは、暗いトンネルに入って出口が見えない袋小路のような1年になりそうだ。ミランは試合を重ねるごとに成長を見せているが、そこに本田の入り込む余地はない。
 
 数日前、指揮官のヴィンチェンツォ・モンテッラは、「常に固定した選手だけで戦うつもりはない、そうなったらレギュラー以外の選手を失ってしまうようなものだ」とコメントした。
 
 それでも、これほど大所帯である以上(欧州カップ戦がないにもかかわらずトップチーム登録は28名)、誰かが冷や飯を食わなければいけない。その筆頭としてまず頭に浮かぶ名前がルイス・アドリアーノ、そして本田…。
 
 それは数字からも裏付されている。セリエA6試合を終えた現時点で、本田がピッチに立った時間はたったの18分間。3節・ウディネーゼ戦の11分間、5節・ラツィオ戦の7分間だ。あとの522分間はベンチを温めた。
 
 本田との定位置争いを制して右ウイングに君臨するスソは、開幕直後に比べてここ数試合はトーンダウンしているが、それでもモンテッラは彼を信頼して使い続けている。またスソを引っ込める時も、代わりにピッチに入るのはいつも本田以外の選手だ。
 
 本田がミランで長くベンチを温めたのは、何も今回が初めてではない。シニシャ・ミハイロビッチが指揮を執った昨シーズンも、9~11月にかけて2か月間もスタメンを外されていた。
 
 とはいえ、そういう状況になる前に本田は、いつもプレータイムを与えられていた(そのチャンスをうまく使うことができなかったが)。しかし今シーズンは、それさえもないのだ。
 
 モンテッラは今夏にミランに招聘されて以来、一貫して本田を「控え選手」として扱ってきた。選手選考や戦術に関して決定権を持つ監督の目に、背番号10はほとんど映っていないのだ。
 
 ただ、モンテッラに非はないだろう。彼は冷静にテクニカルかつ戦術的な判断を下しているに過ぎない。批判されるべきは、クラブ首脳陣だ。プレシーズン中に不穏な空気を感じ取っていた本田と彼の代理人は、クラブに今シーズンの方針に関してお伺いを立てた。「新チームの構想に入っているのか?」と。
 
 すると、マーケティング的にも本田を手放したくないアドリアーノ・ガッリアーニ副会長たちは、「必ずチャンスを与える」と保証。実際は前述した通りだ。その罪は決して小さくない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ