マン・C新守護神ブラーボはプレミアリーグに新たなGK像をもたらせるのか!?

カテゴリ:メガクラブ

山中忍

2016年09月13日

著名人からも非難されたブラーボの失態。

ダービーでデビューを飾ったブラーボだが、ルーニーの蹴ったハイボールのFKをまさかのファンブルで失点を招くなど、お粗末なプレーが散見した。 (C) Getty Images

画像を見る

「ドッジー(危なっかしい)・キーパー」。イングランド人はミスの多いGKをそう呼ぶ。
 
 その代表例は、1999年に移籍したマンチェスター・Uでのキャリアが僅か4試合で終わったマッシモ・タイービだ。
 
 オールド・トラフォードでのラストゲームで、屈んで捕りにいったグラウンダーのシュートが両手と両足の間をすり抜け、大きな話題を呼んだ。
 
 そのオールド・トラフォードで、去る9月10日にプレミア・デビューを果したマンチェスター・Cのクラウディオ・ブラーボも、早速ゴール裏の相手ファンから「ドッジー・キーパーッ!」と野次られる立場となった。
 
 マンチェスター・Uを蘇生させかけたハーフタイム前の失点は、『SKY SPORTS』解説者のグレアム・スーネスが「50mぐらい先から軌道が見えていたはずだ」と指摘したFKの捕球ミスが原因だった。
 
 同じ中継ブースでは、ティエリ・アンリが「ジョー・ハートはトリノで笑っているだろう」とコメント。国内には、定位置を失ってレンタル移籍した前守護神との実力差を疑問視する向きが少なくない。
 
 後半早々には、ブラーボはウェイン・ルーニーに両足タックルをかました。マンチェスター・UへのPKと自身の一発退場を免れた幸運は、ファウルの無謀さと同様に信じ難いものだった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ