• トップ
  • ニュース一覧
  • 【藤田俊哉の目】UAE戦の全3ゴールはセットプレー。最終予選のキーマンはキッカーの清武だ

【藤田俊哉の目】UAE戦の全3ゴールはセットプレー。最終予選のキーマンはキッカーの清武だ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年09月02日

ひとつのミスが命取りに。リスタートが勝負の行方を左右する。

ハリルジャパンでセットプレーのキッカーを任されている清武はキーマンのひとりだ。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選が始まったね。6大会連続出場を目指す日本だけど、大事な初戦を落としてしまった。どんな大会にも言えることだけど、チームに勢いを与えるうえでも、初戦はとても重要だ。しかも最終予選の戦い方のセオリーは「ホームは勝利、アウェーで引き分け以上」。初戦のホームで勝点3はおろか、勝点1すら奪えなかったのは、本当に痛恨というしかない。
 
 たしかに、あの浅野のシュートはゴールラインを越えていた。それを認めてくれなかったのだから、もはや不運というしかない。試合後、ハリルホジッチ監督は審判のジャッジに対して不満を言っていたみたいだ。
 
 でも、あの幻のゴールが決まっていたとしても、日本はホームで勝点1しか取れなかったし、ホームで勝点3、というノルマは果たせていなかったことになる。レフェリーのジャッジが水物であるのは、なにも最終予選に限ったことではない。
 
 さらに言えば、「アジアの戦いは甘くない」「最終予選は楽な試合なんてない」というフレーズを耳にするのもまた、なにも今回の予選に限ったことではない。
 
 もちろん、レフェリーのジャッジに関係なく、自分たちのペースで試合を進めることが理想的な戦い方だ。でも、拮抗した展開になるのが最終予選であって、自分たちのペースでなかなか戦えないなかでも勝点3を手に入れなければならない。それが最終予選なんだ。
 
 ワールドカップ出場をかけて国と国のプライドがぶつかり合う舞台。だから、これからも流れのなかでゴールを簡単に奪えるようなシーンは少ないと考えていいし、自分たちのペースで終始戦って勝ち切れるケースの方が少ないと考えるべきだ。
 
 実際、UAEとの初戦で生まれた3ゴールは、すべてリスタートから。今後もひとつの「ミス」が命取りになるだろうし、「リスタート」が勝負の行方を左右するのは間違いない。日本の6大会連続出場のカギを握るキーワードと言えるだろうね。
【関連記事】
【セルジオ越後】6日のタイ戦、勝てなかったら監督解任。誤審騒動で問題をすり替えるな
金田喜稔がUAE戦を斬る!「サイドをなぜ上手く使えなかったのか、疑問が残る敗戦だ」
【日本1-2UAE|採点&寸評】岡崎は点取り屋として落第点。香川も怖さを与えられず、100試合の長谷部も…
【日本代表】幻に終わった同点ゴールは浅野のミス!?
【ハイライト動画】日本1-2UAE|本田が先制点を挙げるも、セットプレー2発で逆転負け

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ