【ハイライト動画】日本1-2UAE|本田が先制点を挙げるも、セットプレー2発で逆転負け

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年09月02日

日本1-2UAE 得点者/日本=本田(11分) UAE=ハリル(20・54分)

【ロシアW杯アジア最終予選】日本1-2UAE/9月1日/埼玉スタジアム2002

 ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選の日本対UAEは9月1日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、日本は1-2で敗れた。

 日本は、キックオフから細かいパス回しでリズムを作り、8分には酒井宏がファウルを受け、ペナルティエリア右からFKを獲得。そして清武のキックに、本田が頭で合わせてゴールネットを揺らした。日本が1-0とリードする。

 しかし20分、日本は大島のパスが弱くなったところを突かれ、UAEに突破を許して吉田のファウルでFKを与えてしまう。これをアハメド・ハリルに直接叩き込まれ、同点に追いつかれた。

 後半、日本はメンバー交代なくスタート。53分、日本はペナルティエリア内で大島がファウルをとられ、UAEにPKを与えてしまう。これをハリルにど真ん中に決められ、勝ち越しを許してしまった。

  その後、日本は77分にはビッグチャンスを迎える。左からの折り返しにフリーの浅野が左足のボレー。これはゴールラインを割ったかにも見えたが、ライン際で相手GKに阻まれノーゴールの判定。

 結局、スコアは1-2のままタイムアップ。日本は重要な最終予選の初戦を落とす結果となってしまった。
【関連記事】
【日本1-2UAE|採点&寸評】岡崎は点取り屋として落第点。香川も怖さを与えられず、100試合の長谷部も…
【セルジオ越後】6日のタイ戦、勝てなかったら監督解任。誤審騒動で問題をすり替えるな
金田喜稔がUAE戦を斬る!「サイドをなぜ上手く使えなかったのか、疑問が残る敗戦だ」
【日本代表】ほろ苦のA代表デビューとなった大島。PK献上の場面はなぜ止めきれなかったか?
【日本代表】本田へのアシストは「そこらへんに蹴っておけば、なにかが起こる」と清武。ただ決定機逸に「あれは決めないと」と反省
【日本代表】敗因は誤審ではない? 本田が口にした「勝負弱さ」が意味するものとは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ