ハリルが理想とする組織は「リオ五輪で銀メダルを獲得した“あのリレーチーム”」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年08月26日

「組織になったら、日本人はなんでもできる」

組織についても熱く語ったハリルホジッチ監督。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト編集部)

画像を見る

 ハリルホジッチ監督は、リオ五輪での日本人選手の活躍に感銘を受けたそうだ。
 
「日本のフットボール、それからA代表がハイレベルになり、もっと良い結果を手に入れたい。今回のオリンピックを見てください。日本はかなりの数のメダルを手にしました。かなり良いランキングですよね。つまり、日本のスポーツ界全体のレベルは高いということです」
 
 続いて指揮官が触れたのは、日本初の快挙を成し遂げた陸上男子のリレーチームについてだった。
 
「400メートルリレーで、日本がアメリカを破りました。アメリカは一人ひとりは速いですが、リレーになったら日本のほうが強かった。彼らもアメリカに勝つという自信があって臨んだわけです。そういうところを我々A代表にも植え付けたい。
 
 組織になったら日本人はなんでもできるんだ。それを信じてくれ。そういう強い気持ちを持ってくれ。それは自分の勇気から始まります。それはまず自分をリスペクトし、相手をリスペクトするという発想です。つまり、スポーツ面で違う性格を持たなければならないということです」
 
 もちろん、組織作りの難しさは十分に理解している。
 
「2、3日で変えるのは難しいですよね。ちょっとずつ変えていく必要があります。全員が意識することです。これは私だけの問題ではありません。最初に(日本サッカー協会の田嶋)会長が話したように、日本全員で勇気を持つということです。
 
 前に前に日本全員で行く。我々は最終予選を突破したい。なんとかなるだろうは、もうやめてください。そういう発想からリスクが生まれます。勝負をするためには準備しなければいけません。つまり全員でかなり動かないと勝てないだろうと予測しています。難しさは含まれていますが、勝ちに行くだけです」
 
【関連記事】
【9.1UAE戦のスタメン予想】注目は左ウイング。“香川の控え”清武が先発する可能性も
【日本代表】9月シリーズでサプライズ選出がなかった理由
【日本代表】不動のボランチ長谷部に万が一のことがあれば…。ハリルが考える代役候補は?
フランクフルトで直撃取材。代表キャプテンの長谷部が語るアジア最終予選突破へのポイント
リーグ戦で監督に“キレた”金崎を招集外に。ハリル「あのような態度を取っては、A代表には入れない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ