【リオ五輪】手倉森監督も男泣き。選手たちが明かす「最後のロッカールーム」

カテゴリ:日本代表

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年08月11日

「一番悔しがっていたのはテグさん。涙を流すとは思っていなかった」(浅野)

試合後、最後のロッカールームでは涙を流して選手たちにメッセージを送ったという手倉森監督。その涙は選手たちにも意外だったようだ。写真:JMPA/小倉直樹

画像を見る

[リオ五輪グループリーグ第3戦]日本1-0スウェーデン/現地8月10日/アレーナ・フォンチ・ノーバ
 
 手倉森誠という男は、敗戦という厳しい現実を突きつけられても、最後まで選手たちを思いやり、日本サッカーの将来を考え、ポジティブ志向を貫くいつものスタイルだった。ただひとつ、フラッシュインタビューで目を赤く潤ませ、ロッカールームで“男泣き”した以外は――。
 
 指揮官は試合後、手倉森ジャパン最後となるロッカールームで、選手たちにこんなメッセージを送ったという。
 
「長い間、付き合ってくれてありがとう。お疲れさん。決勝トーナメントに進めなかった事実は受け入れがたいし、悔しい想いもある。でも、おかしなものでみんなには勝って(大会を)終わらせてもらった。本当にドラマティックなチームであったけど、勝って世界大会を去るという一風変わった“ドラマ”が手倉森ジャパンらしいな」
 
 右足かかとの痛みをおしてスタメン出場した浅野拓磨は、「テグさんが涙を流すとは思っていなかった」と明かす。しかし、監督のその姿を見て、いかに自分たちとともに全身全霊を懸けて戦ってくれていたのか、改めて感じたと言葉を続ける。
 
「一番悔しがっていたのはテグさんかなと。僕ら(選手も)もちろん悔しいですけど、選手よりもいろんなものを背負って、国民のため、そして選手のためにいろんなことをしてくれていたので。涙を流すほど本当に悔しいんだなと思ったし、僕らと一緒に全力を出して戦ってくれていたんだなと改めて感じました。だからこそ、テグさんのためにメダルを獲らせてあげたかった」
 
 その他にも、手倉森監督はチームの可能性や選手たちの今後についても触れたようである。
 
「上に行ったら、必ず何か起こせたチームだと思っている。そのチャンスが他の試合の結果で転がってしまったのが、すごく悲しいと言っていました」(室屋成の証言)
 
「涙しながら途中言葉を詰まらせて、本当に良いチームだったと話していました」(鈴木武蔵の証言)
 
「ここからどんどんA代表に入って行こうと言っていました」(浅野の証言)
 
【関連記事】
【日本1-0スウェーデン|採点&寸評】手倉森ジャパンらしい「ウノ・ゼロ」勝利も、予選突破はならず
【セルジオ越後】1位突破の韓国と、TVに無視される“アジア王者”。最後に勝っても慰めにもならないよ
【金田喜稔のリオ五輪総括】乏しかった指揮官の「発想力」。東京五輪に向け、育成年代の監督の“スタンス”が課題に
【韓国メディアの視点】日本敗退を「サムライの没落」と報道。「OAの人選」や「守備の虚弱さ」を問題視
【リオ五輪】中村、大久保、風間監督が見た大島僚太の出来。「あれが普通」「驚きはない」「ミケルは分かってる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ