【ブラジルメディアの視点】現地紙採点は大島が最高点6.5。しかし“屈辱的”な「寸評なし」の扱いを受ける

カテゴリ:日本代表

沢田啓明

2016年08月01日

藤春、中島、亀川、冨安が6.0。他の日本人選手は5.5以下の評価。特筆すべきプレーがなく、TV中継もチーム紹介はせず。

危なげない勝利を収めたブラジル代表の戦いぶりを評価する一方、日本への言及はほとんどなし。単純に関心を引くプレーがまったくなかったからだろう。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 7月30日に行なわれたリオ五輪直前の練習試合・ブラジル対日本戦の翌日、スポーツ紙『ランセ!』には「セレソン、合格」の見出しが躍った。さらにリオの日刊紙『オ・グローボ』は「試合をコントロールして完勝」、サンパウロの主要紙『フォーリャ・デ・サンパウロ』は「ブラジルが五輪前唯一の強化試合で勝利」と、危なげない2-0の快勝に安堵した様子。

 一方、各紙の記事の中に、日本と日本選手に関する論評は見当たらなかった。
 
 それでも「ジャポン(日本)」の単語を探してみると、『ランセ!』では「ブラジルは良いプレー内容で、日本を下した」、「後半、ブラジルと日本が控え選手を続々と投入すると、試合のインテンシティが急降下。にもかかわらず、日本がブラジルを脅かす場面はほとんどなかった」、「大会が始まると、ブラジルはこの日の日本よりずっと強い相手と対戦することになる。この勝利で気を緩めてはならない」と3箇所があった。
 
 この新聞の恒例である選手採点(10点満点)と寸評では、ブラジル全選手のパフォーマンスをコメント付でチェック。例えばGKウイウソンは「試合を通じて、守備機会は一度だけ。それ以外は、ほとんど仕事をする必要がなかった」と評して、採点6.5がついていた。
 
 一方、日本選手に関する寸評は割愛され、採点のみ掲載された。これは非常に珍しいこと。日本選手の最高点は大島の6.5。続いて、藤春、中島、亀川、冨安が6.0。他はいずれも5.5か5.0だった。
 
 また、『TVグローボ』の中継では、アナウンサーが日本選手個々について簡単に説明。例えば浅野については、「スピードがある。最近、アーセナルへの移籍が決まった」と紹介して。ただしチーム全体に関する説明や論評は一切なかった。
 
 両国はリオ五輪本大会の準々決勝で対戦する可能性がある(グループリーグで、ブラジルが首位、日本が2位通過、あるいはブラジルが2位、日本が首位通過)。しかし、ここまで扱いが限られたのは、日本サッカーに対する評価や関心が低く、なによりこの五輪代表が特筆すべきプレーを見せられなかったからだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ