【J1展望】仙台×浦和|勢いに乗る浦和は鬼門を突破できるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年07月12日

仙台――連敗ストップへ、梁のFW起用も視野に。

故障者/仙台=蜂須賀、野沢、金園、杉浦、椎橋 浦和=なし
出場停止/仙台=なし 浦和=なし

画像を見る

J1リーグ2ndステージ・3節
ベガルタ仙台 – 浦和レッズ
7月13日(水)/19:00/ユアテックスタジアム仙台
 
ベガルタ仙台
2ndステージ成績(2節終了時):18位 勝点0 0勝0分2敗 1得点・6失点
年間成績(19試合終了時):12位 勝点23 7勝2分10敗 21得点・31失点

【最新チーム事情】
●金久保と水野が練習に合流。復帰は新潟戦になる見通し。
●練習では梁のFW起用もテスト。「奥の手」として考えているとのこと。
●過去2回の対戦ではフォーメーションを変更したが、今回はない見込み。

【担当記者の視点】
 第2ステージは開幕から2連敗。前節のG大阪戦では、前々節の川崎戦よりもパスをつないでチャンスを作ることができたが、途中出場したパトリックを止められず、1-3で敗れた。
 
 渡邉監督は11日の練習後に「久々に守備の部分だけ、確認のビデオを見せた。数的優位、同数、不利の部分でどう動くか。原理原則の部分を確認した」と語った。第1ステージ最終節から3試合連続で3失点しているため、守備面を再確認した格好だ。

 攻撃面では、梁のFW起用をテスト。「R・ロペスと組み合わせた時にどうなるか」と渡邉監督が話すように、急造で連係面に不安があることを考えると実際に採用するかどうかは微妙なラインだろう。ただ、リーグ戦3連敗中で、悪い流れを変えるために奇策に出る可能性も考えられる。
【関連記事】
【J1採点&寸評】G大阪×仙台|2発のパトリックが最高点! 米倉や倉田の働きも評価
【J1採点&寸評】浦和×柏|決定機8対6の撃ち合い、阿部が決勝FK弾! 柏の若きCBコンビは粗さはあったが可能性を示す
【仙台】川崎戦で失っていたものの正体を渡邉晋監督と渡部博文の言葉から探る
「リオ世代最多出場」関根が五輪代表から落選。今年、国内招集なし。原口に続く選考の“理不尽”と“妥当性”について考える
なぜ、FKを柏木ではなく阿部勇樹が蹴ったのか? 驚愕弾と“沈黙の3秒”の真相
内田篤人が明かした“本田とのサッカー談義”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ