• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】広島×磐田|柴﨑とウタカの“SUコンビ”が爆発。広島が快勝で好スタートを切る

【J1採点&寸評】広島×磐田|柴﨑とウタカの“SUコンビ”が爆発。広島が快勝で好スタートを切る

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年07月02日

3試合連続ゴールの柴﨑がMOM。攻守に充実していた丸谷も「7評価」。

【警告】広島=なし 磐田=山本(61分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】柴﨑晃誠(広島)

画像を見る

[J1・第2ステージ1節]広島3-0磐田 7月2日/Eスタ

【チーム採点・寸評】
広島 6.5
2トップ+2シャドー、さらには両WBの距離感が良く、ダイレクトプレーからチャンスを次々と創出。相手に決定機を作らせなかった守備も含め、「完勝」と言っていいだろう。

【PHOTO】広島が第2ステージ好発進! 柴崎が技あり2発

【広島|採点・寸評】
GK
1 林 卓人 6
思い切りよく飛び出してクロスを迎撃。後半には枠内にもシュートが飛んできたが、単発で危なげなくセーブして、クリーンシートを達成。
 
DF
5 千葉和彦 6.5
ジェイとのマッチアップもフィジカルと駆け引きを活用して封じ込める。ストッパーとのマークの受け渡しやカバーリングも完璧にこなした。
 
8 森﨑和幸 6
主戦場をストッパーに移して3試合目。気の利いたカバーリングで磐田の攻撃を撥ね返し、最終ラインに安心感をもたらした。
 
33 塩谷 司 6.5
守備では身体を寄せに来たアダイウトンを弾き返すフィジカルの強さを披露。相手を上手くいなしながら攻撃にも加わり、前線へのロングフィードのチャレンジも◎。オーバーエイジ内定後の充実度は目を見張るものがある。
 
MF
10 浅野拓磨 5.5
12分、55分と決定機を迎えるもシュートは枠外とGK正面。カウンターでゴールに迫った一方で、ボールコントロールやトラップにわずかなズレがあった。A代表戦士ゆえに及第点以下と厳しく評価。
 
16 清水航平 6.5
マッチアップ相手に対して優勢と見るや、ボールが入るとドリブル突破を敢行。直接得点に絡むことはなかったが、攻撃を活性化してリズムを作った。
 
18 柏 好文 6.5(79分OUT)
前後左右の揺さぶりで対面の中村太をキリキリ舞いさせる抜群のキレ。縦への突破やそこからのカットインで何度もチャンスに絡んだ。
 
28 丸谷拓也 7(90分OUT)
キック精度、状況判断が冴え、サイドにバランス良く捌いて攻撃をコントロール。守備でも鋭いタックルで小林を潰すなど、攻守に存在感を示した。
 
MAN OF THE MATCH
30 柴﨑晃誠 7.5
こぼれ球にいち早く反応した1点目で勢いに乗ると、鮮やかな連係で追加点を奪ってゲームを掌握。P・ウタカとの連係は“阿吽の呼吸”の域に到達しつつある。
【関連記事】
広島の新システムを影で支えるスーパーリベロ千葉の「不変の哲学」
【広島】ピッチ上の指揮官“ドクトル・カズ”が語る3-5-2システムの可能性
【磐田】小林祐希が完敗したチームに“喝”。「こんなしょぼいサッカーを見せられたら…」
アーセナル移籍の舞台裏――浅野が広島を離れる決断をした理由
【磐田】“名波イズム”の体現者・宮崎智彦が説くスタイル貫徹の重要性

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ