広島の新システムを影で支えるスーパーリベロ千葉の「不変の哲学」

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年07月04日

「『形(システム)が変わるから、サッカーが変わる』というのが一番ダメ」

千葉はリベロとして最終ラインを統率。抜群の安定感を見せ、新システムを影で支えている。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

前線の枚数が増えた分、千葉は以前にも増して縦パスにチャレンジしているように見える。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1・第2ステージ1節]広島3-0磐田 7月2日/Eスタ
 
 第1ステージ16節・浦和戦の試合途中から「3-5-2」を導入して以降、広島は負け知らず(3連勝)だ。新システムは従来の2ボランチから1枚減らし、前線の人数を増やしている分、カウンターを食らう確率は高くなる。最終ラインはこれまで以上に神経を研ぎ澄まさなければならないが、千葉和彦はリベロとして熟練のパフォーマンスで安定感をもたらしている。
 
 磐田戦では、元イングランド代表のジェイとマッチアップ。190センチの大型FW相手に力負けせず、時には身体を入れ替えてクサビを撥ね返すなど、駆け引きの巧さが光った。相手エースは試合後、「決定機をほとんど作ることができず、ボックスの外から打つミドルレンジのシュートが多くなってしまった」と反省の弁を述べたが、対する千葉は「仕事をさせなかったが?」という問いに周囲のサポートがあってこそのディフェンスだと強調した。
 
「(ジェイは)懐の深い選手だし、収まった時には2人目、3人目の動きには注意していました。まあ、僕と言うより、チーム全体で上手く抑えられたかなと。点も比較的早い段階で入りましたし、自分たちのペースで出来たと思います」
 
 1ボランチとなり、水本裕貴や佐々木翔の故障離脱で、左のストッパーはボランチの森﨑和幸が務めている。最終ラインを統率する立場として、役割は変わったのか。「マークの受け渡しや、流れてくる選手に関してはコミュニケーションを取っている」(千葉)一方で、大きな変化はなく、むしろ“変わらないこと”が大事だと説く。
 
「(1ボランチになっても)特に変えることはないですよ。『形(システム)が変わるから、サッカーが変わる』というのが一番ダメ。形が変わっても、自分たちのやることを変えずにやりたい。1ボランチだから、2ボランチだからじゃなく、相手を見ながらやれているのが今はいいのかなと思います」
【関連記事】
【広島】ピッチ上の指揮官“ドクトル・カズ”が語る3-5-2システムの可能性
アーセナル移籍の舞台裏――浅野が広島を離れる決断をした理由
【磐田】“名波イズム”の体現者・宮崎智彦が説くスタイル貫徹の重要性
【磐田】小林祐希が完敗したチームに“喝”。「こんなしょぼいサッカーを見せられたら…」
【J1採点&寸評】広島×磐田|柴﨑とウタカの“SUコンビ”が爆発。広島が快勝で好スタートを切る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ