見事な同点弾、PK戦では自ら志願――驚異の18歳、レナト・サンチェス

カテゴリ:国際大会

白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

2016年07月01日

殊勲の同点弾! 大会史上3番目に若いゴールスコアラーに。

決勝トーナメントに限れば、大会史上最年少の得点者となったサンチェス。ポーランド戦では最も強い印象を見る者に与えた。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 この日の主役は大エースのクリスチアーノ・ロナウドでも、スーパーサブのリカルド・カレスマでもなく、18歳のレナト・サンチェスだった。
 
 EURO2016のベスト8、6月30日のポーランド対ポルトガル戦。グループステージの初戦と3節、ラウンド16で途中出場していたサンチェスは、右の攻撃的MFで今大会初スタメンを果たした。
 
 しかし、ポルトガルは開始2分でロベルト・レバンドフスキにゴールを許し、いきなりビハインドを背負う。この窮地を救ったのが、背番号16だ。右サイドを起点に、中央に左サイドにとエネルギッシュに動き回り、ポルトガルの攻撃を活性化する。
 
 そして、33分だった。
 
 オン・ザ・ボールで右サイドを前進したサンチェスは、ペナルティーエリア手前で右前方のナニにパス。ダイレクトで戻ってきたボールを右足でトラップ後、即座に左足を振り抜くと、ゴールネットに突き刺さる。この貴重な同点弾は、大会最年少得点記録で3番目にあたるものだった。
 
 サンチェスはその後も、ドリブル、パス、ボール奪取などで貢献。後半に入って消える時間が増えたし、やや状況判断が甘いシーンも見受けられたが、延長戦を含めて120分間を戦い抜いた。
 
 そして、PK戦ではC・ロナウドに続く2番手で登場。臆することなく右足を振り抜き、見事にこれを成功させる。ポーランドの4人目、ヤクブ・ブワシュチコフスキが失敗し、ポルトガルは2大会連続でベスト4進出。サンチェスはUEFA選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。
 
「右サイドで上手くプレーできた。いきなりの失点を取り戻そうと、ゴールは狙っていた。決まって良かったよ。マン・オブ・ザ・マッチはもちろん嬉しいけど、チームが勝ったことが何よりも大事なんだ。努力が報われ、幸運を手にすることができた」
 
 試合後、そう語ったサンチェスは、PK戦に関しては次のようにコメントしている。
 
「監督が希望者を募った。クリスチアーノ(ロナウド)が1番手を引き受けてくれたから、僕は2番目がいいって言ったんだ。監督は自分を信頼してくれたし、僕も自信があったよ」
 
 日本でいえば、高校を卒業したばかりの年齢(今年8月18日で19歳)で、巨大なプレッシャーがかかるEUROのベスト8でPK戦に志願し、見事に決め切る――、パーソナリティーの強さは半端ではない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ