【連載】霊長類ヒト科サポーター図鑑vol.12時任聰明(ロアッソ熊本東京応援団団長)「遠く離れた場所にいるからこそ、できること」

カテゴリ:Jリーグ

宇都宮徹壱

2016年06月28日

「千葉戦は、久々に地震のことを忘れてワクワクしました」

熊本の東京応援団団長を務める時任さん。苦境に陥ったチームを力強く後押ししている。写真:宇都宮徹壱

画像を見る

時任聰明(ロアッソ熊本東京応援団団長)
 
 出身は熊本の益城町です。今回の地震で最も被害が大きかった地域ですね。幸い家族は無事でしたが、実家は半壊してしまいました。もちろん実家のこと、熊本のことはずっと気になっていますが、遠く離れた場所にいるからこそ、できることがあるんじゃないかと。それはロアッソを応援することに関しても、まったく同じだと思っています。
 
(地震後、初のリーグ戦となった)5月15日の千葉戦は、久々に地震のことを忘れてワクワクしました。ゴール裏のみんなと再会できて、本当にいい週末だなと思い、これでようやく「ひとつ前に進むことができた」と感じました。感動したのは、千葉の人たちが本当に温かかったことです。(最寄り駅の)蘇我からフクアリに向かう途中、あちこちで「頑張れよ!」って声をかけてもらい、試合前と試合後にはエールを送ってもらいました。試合は0-2で敗れましたが、あれにはぐっときましたね。
 
 その1週間後に(ホームスタジアムのうまスタが使用できなかったため)柏で水戸とホームゲームをさせていただき(●0-1)、神戸での町田戦(●0-2)、岡山とのアウェー戦(●1-2)と敗戦が続きました。
 
 地震前から数えて6連敗。いろいろなスタジアムをお借りしてホームゲームができる有り難さを感じる一方で、なかなか勝てないチームと苦しそうな選手たちの表情を見ているのは正直辛かったです。リーグに復帰したばかりの時は、練習不足や調整不足といった言い訳はできましたが、試合を重ねるごとにそれができなくなりますから。選手には「勝ってほしい」というよりも、「とにかく楽になってほしい」という想いのほうが強かったです。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ