【クロアチア 2-1 スペイン|採点&寸評】同点弾のアシストと劇的決勝弾! 躍動したペリシッチがMOM

カテゴリ:国際大会

豊福 晋・山本孔一

2016年06月22日

激しい守備と縦への速さで最高の結果を手に。

警告:ク=ログ(29分)、スルナ(70分)、ヴルサリコ(70分)、ペリシッチ(88分) (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

対面のノリートを封じ込めたスルナ。限られた攻撃機会でも質の高さを見せる。 (C) Getty Images

画像を見る

【クロアチア|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 7

前半はスペインに押される展開が続いたが、我慢して相手のミスを突きつつゴールに迫るとハーフタイム直前に同点に。後半はさらにギアを上げ、終了間際にカウンターから逆転に成功。ボールを支配されることを前提としながら、豊富な運動量をベースにした激しい守備と縦への速さというパターンを徹底し、最高の結果を手にした。
 
監督 アンテ・チャチッチ 6.5
最初のカードを切ってコバチッチを投入したのは残り8分の時点。交代で流れを崩さず、良いリズムを保ち逆転につなげた。
 
【クロアチア|選手採点&寸評】
GK
23 ダニエル・スバシッチ 6.5

モラタに決められた1点目は責任はなし。S・ラモスのPKを止める大仕事をやってのける。
 
DF
11 ダリヨ・スルナ 6.5

対面のノリートを完封し、39分にはペリシッチに合わせたクロスなど、少ない攻撃機会にも高い質を見せた。
 
5 ヴェドラン・チョルルカ 5.5
フィジカルの強さは1対1でもセットプレーでも、モラタとアドゥリスに負けず。
 
6 ティン・イェドバイ 5.5
前半はセスクやシルバに裏を突かれたが、後半は引き締めスペースを与えず。
 
2 シメ・ヴルサリコ 5.5
前半はシルバ、セスク、ファンフランの3人の動きに翻弄されたものの、後半は修正した。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ