【セルジオ越後の天国と地獄】話題性も戦略性もないOA選考。それだけで他国に後れを取っているよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年06月20日

手倉森監督に聞きたいよ。「本当は誰を呼びたかったのか?」とね。

OAとしてリオ行きが内定した塩谷(33番)と藤春。優勝争いには絡んでいないチームから差し出された感じだね。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 少し前の話になるけど、リオ五輪を控えるU-23代表では、オーバーエイジ(以下、OA)として参戦するふたりが内定した。
 
 3人まで呼べるOAのうち、ひとりはガンバの藤春、もうひとりがサンフレッチェの塩谷ということだ。第1ステージの結果を気にしたような選出で、優勝に絡んでいないチームから差し出された感じだね。

 個人的には、手倉森監督の本音を聞いてみたいよ。「本当のところは誰を呼びたかったのか?」と。

 藤春も塩谷も、A代表に関しては、いわば当落線上の選手だ。なぜ、A代表のレギュラークラスを招集できなかったのか。欧州組との交渉はどうだったのか。

 インテルの長友もOA候補として名前が挙がっていたと思うけど、感触はどうだったのか、そもそもアプローチしたのかなど、そのあたりの真相をぜひとも知りたいんだ。

 インテルの選手は、EUROにもコパ・アメリカにも出場している。その中のひとり、ミランダはOAの候補のひとりと言われているけど、仮にミランダが五輪にも参戦したとして、手倉森監督が長友を欲していたとしたら、長友を引っ張ってこられなかった協会の仕事ぶりには不満が残るよ。

 目標としているメダルを獲得できれば、なんの問題もない。でも、グループリーグ敗退など、結果を出せなかった時は、誰が責任を取るのか。キリンカップでは勝てなかったんだから、組織としてそこはきっちりとケジメをつけてほしいよ。

 長友なり、本田なり、たとえ招集の可能性が低くても、せめてリストには入れておいて、それを発表するとか、そんなパフォーマンスというか、戦略的なものがあっても良かったと思うんだけどね。スウェーデン協会は、30人以上の予備メンバーを発表した。そしてリストには、EUROに参戦しているイブラヒモビッチの名前も含まれていたという。

 それだけで話題性は十分。ブラジル代表にOAとして参戦が確定しているネイマールも、注目を集めている。翻って、日本はどうか。A代表に定着していない選手を呼んでも、インパクトはないし、もし最初から欧州勢は諦めているとしたら、それだけで強豪国からも後れを取っていると言えるよね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ