• トップ
  • ニュース一覧
  • リオ五輪一本化も不安!? オーバーエイジに揺れる興梠が、9戦無得点で「感覚を取り戻したい」

リオ五輪一本化も不安!? オーバーエイジに揺れる興梠が、9戦無得点で「感覚を取り戻したい」

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年06月20日

日本サッカー協会が“最後の1枠”に一本化か――。

公式戦は9試合連続ノーゴール。それでも数多くのチャンスを作っているのは確かだ。日本協会オーバーエイジ招集に一本化したという興梠は、果たして応じるのか? 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1・1stステージ16節]サンフレッチェ広島4-2浦和レッズ
6月18日/エディオンスタジアム広島


「自信、なくしますよ……」
 
 興梠慎三はがっくりと肩を落としていた。中2日、3日で続くJ1リーグ怒涛の5連戦の3試合目。広島でのナイターの一戦は、高い湿度と気温のなか、想像以上に体力の消耗を強いられた。
 
「この暑いなかで上下動を90分間繰り返すのを考えたら、正直キツイと思う。引くところは引く、メリハリも大事。ボールはキープできているので、もったいない感じはする。
 
 やっているサッカーは正しいし、これまではシーズン後半に失速してしまってきたけど、今度は違うんだというところを見せていきたい」
 
 広島戦での興梠はCB千葉との駆け引きで上を行き、千葉が飛び込んで来ようとすると、スルッと反転してかわしチャンスメイク。決定的なシュートを2本放った。しかし――そのフィニッシュを仕留め切れず、逆に後半に3点を与えてしまい、2-4の逆転負けを喫した。
 
「あれ(2本の決定機)を決めていれば勝てた……。今はなんだか上手くいかない。僕のところでボールは収まっているけど、決め切れない。もう一度、感覚を取り戻さないと」
 
 9節の名古屋戦(4-1で浦和が勝利)以来、ACLを含めると公式戦9試合ノーゴール。CFの“当たり”が止まった浦和は、興梠の調子とともに徐々に成績も落としていった。
 
 それだけに興梠は責任を痛感している。
 
「負け続ければ自信をなくすし、今はみんな楽しんでプレーできていない。シーズンを通して、波はあるもの。チームが勝たないと、調子も上がっていかない。歯がゆいですよね」

 興梠は「歯がゆい」と言った。この苦悶の闇をくぐり抜けるためには、ゴールを決めるしかない。そして、あくまでも目標がステージ優勝ではないことを強調する。

「ファーストステージ(優勝)が目標ではない。落ち込む必要はない。連敗はここまでで終わらせて、勝てば勢いがつく」

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場したチームは、スケジュール調整のため、第1ステージ終盤に連戦をこなしている。
 
【関連記事】
「移籍したら?」佐藤寿人が “159点目”に込めた3つの想い。男泣きの背景とは?
【J1採点&寸評】広島4-2浦和|塩谷が火を噴くボレー&逆転弾! 流れを変えた佐藤も高評価。浦和は日本代表組が足を引っ張る
【浦和】惨敗でステージ優勝消滅。怒るサポーターから水を浴びせられる
興梠がリオ五輪のオーバーエイジについて言及。“約3秒間”の沈黙に込められた真意は?
守備職人・今野が指摘した浦和の欠点。「いつも、こんな感じ。バランスはいいが…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ