愛息子の前で痛恨のPK失敗…それでもC・ロナウドは「これもサッカーの一部。悪いことは永遠には続かない」と前を向く

カテゴリ:国際大会

白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

2016年06月19日

スタジアムには「ロナウド・コール」が巻き起こったが…。

PK失敗もあって、C・ロナウドは2試合連続でノーゴールに終わった。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 EURO2016の9日目にあたる6月18日、パルク・デ・プランスのピッチに、クリスチアーノ・ロナウドは勢いよく駆け出してくる。サポーターの声援に手を振って応えた後、ウォーミングアップを始めた。

【PHOTOギャラリー】C・ロナウド、痛恨のPK失敗… ポルトガル攻め切れずドローに終わる
 
 6月14日のアイスランド戦ではコンディション不良が目立ち、11本のシュートを放ちながらノーゴール。このオーストリア戦は4日前にルイス・フィーゴと並んだ同国最多出場記録を更新(128試合)するメモリアル・ゲームで、スタンドにはそのフィーゴ、そして息子クリスチアーノ・ロナウド・ジュニアや母ドロレスなど家族も姿を見せていた。気合いが入らないわけがない。
 
 しかし、大会ナンバーワンのスターは、またしてもゴールを奪えなかった……。
 
 アイスランド戦の4-1-3-2から4-3-3にシステムを変更したポルトガルにあって、C・ロナウドは左サイドに入る。ただ、リカルド・カレスマやナニと頻繁にポジションチェンジして中央や右サイドにも侵入。“前線のフリーマン”という役割は前節と同様だった。
 
 そして、アイスランド戦と同じく両チーム最多の10本のシュートを放つ(内訳は枠内が3本、枠外が3本、ブロックが4本)。右足、左足、ヘディング、FKと全てを駆使したが、ゴールに見放された。
 
 とりわけ悔やまれるシーンは4つ。まず22分、左からのグラウンダーのクロスに反応し、ゴール前で右足インサイドのシュート。しかし、ボールは惜しくもポストの脇を通過していった。
 
 ゴールの隅を突いた55分の強烈な左足ミドル、その流れで得たCKからのドンピシャのヘディングは、いずれも相手GKロベルト・アルマーのスーパーセーブに防がれた。
 
 そして何より、PK失敗だ。78分、クロスに反応して動くとマルティン・ヒンターエッガーに身体を掴まれて倒され、自らPKを獲得。スタジアムに「ロナウド・コール」が巻き起こる。しかし、右足から放ったシュートは、左ポストに当たって弾かれた。
 
 85分にはFKのボールを頭で合わせてゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で取り消される。ちなみに、オフサイドには3回引っかかった。
 
 試合後、足早に去っていったアイスランド戦とは違って、観客に向かって手を振り、さらにはピッチに乱入してきた男性と記念撮影に応じる余裕も見せた。そして、家族がいる方向に笑顔で手を振ると、ロッカールームに消えていった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ